LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > サーチ! THE 女ゴコロ 「モテ男養成ミッション!」 >
“違いのわかるオトコ”になるためのコーヒー講座 @ルミネ立川

サーチ! THE 女ゴコロ 「モテ男養成ミッション!」 01/28 更新

“違いのわかるオトコ”になるためのコーヒー講座 @ルミネ立川

先日、テッドから「こだわりを語れるオトコになれ」と言われたばかりのボク。
そして来たる2月14日はバレンタインデー……。
しかしボクは、ここでのミッションやテッドとの出会いによって、以前とはちょっと変わってきている。ただ「甘いだけの恋愛」はいらない! そう、大人のオトコとしてボクを見てくれて、ぐいぐい引っ張っていけるような恋愛。それが、今の理想だ。

 

と、そこで今回のミッションは、
“違いのわかるオトコ”になるためのコーヒー講座@ルミネ立川
ちょっと渋めの大人を目指すボクとしては、ぴったりなお題。

 

 

まず、ルミネではルミネ立川にめでたく初出店という、話題の「ジェイ・エス・パンケーキカフェ」へ。
ブラックはまだまだ飲めないボクだけど、大好きなスイーツと一緒ならイケるかもと思って。
いただいたのは、「季節のパンケーキ」(¥1,080)と「コーヒー」(¥450 ※セットにすると100円引き)。
パンケーキはココア味で、そこに温かなチョコソースと甘酸っぱいイチゴとブルーベリーが合わさって、う~ん、甘×酸の組み合わせがオトナの味!
モチモチッとしている生地の秘密は、“米粉入り”なのだそうです。
コーヒーはオリジナルブレンドということですが……(ひと口、ゴクリ)。
ん! 軽やかな味わい。
思い切ってブラックで飲んでみて、ボクは気がついた。
そこには、豆の香りやコク、深さというものがあるのだと。

なるほど、それならばほかにももっと味わって、違いを感じてみたい、とボクの知的好奇心がピクリ。一気にコーヒーを飲み比べてみることにしました。

 

 

左から、「カフェ ド ギンザ ミユキカン」。
ここは、コーヒー(¥682)がポットでサービスされるのが特徴。
それも「みゆき館ブレンド(苦味)」「Aブレンド(酸味)」「楡ブレンド(強い苦み)」と3種類から選べるというこだわりよう。
みゆき館の名品「和栗のモンブラン」(¥630)と一緒にいただきました。
ここは、濃いめの“オトナ”の味。
中央が、「軽井沢フラットブレッズ」。
なんと、有機コーヒーとマフィンふたつのセットで¥500。それもモーニングだと¥350。コーヒー単品でも¥280。
あっさりした味わいのコーヒーは何杯もいけそう。
このお手ごろ感と居心地のよさで、毎日通っている常連もいるようだ。
うん、ボクも常連になりたい! と、その前に“違いのわかるオトコ”だった…。
そして右は、「ラ・メゾン アンソレイユターブル」。
「大粒あまおういちごと生チョコレートのタルト」と、ボクの大好きな「カプチーノ」をいただきました~(タルト&ドリンクセット¥1,100)。
タルトは、とろける生チョコと大粒あまおういちごのハーモニーがたまらない! 
これは完全にバレンタインモード、そしてカプチーノにハートのラテアートが?! 
おねえさん、もしかしてボクに気がある? なわけないか。

 

 

続きまして、「ワイアード カフェ」。
ここはセレクトされた本や雑誌が置いてあって、インターネットも楽しめる空間。
いただいた「ドリップ」(¥500)は、グアテマラにある「サンミゲール農園」から仕入れた単一豆を自家焙煎したものだそうで、うん、フルーティで芳醇な味わい。
旅の雑誌をめくりながら、つかの間、南米に思いを馳せてみたりした(けど、ボクみたいな寒いとこ出身の毛に包まれた動物は、すぐに倒れてしまいそうと思い、やめた)。
そして、そして、続いては「クリスピー・クリーム・ドーナツ」!
なーんと、バレンタイン限定メニューが登場していました。
「アーモンド ガーナ チョコ ハート」(奥・¥220)と「ストロベリー チョコ ハート」(手前・¥220)。
「クリスピー・クリーム コーヒー ハウス ブレンド」(S ¥280、T ¥330、G ¥380)は、さわやかな香りながら、どこかチョコレートの後味が。ドーナツの甘みとの相性を考えて、少し濃いめの味わい。
さぁ、最後は「スターバックス コーヒー」。
「バレンタイン チョコレート ブラウニー モカ」(Short\430 ・Tall ¥470 ・Grande ¥510 ・Venti ¥550)、と「バレンタイン チョコレート ブラウニー モカ フラペチーノ」(Tall ¥490・Grande ¥530・Venti ¥570)(すべて税込)は、2月14日までの限定!
リッチな風味のチョコレートホイップクリームに、ブラウニーとチョコレートソースをトッピングしているから、ドリンク全体でチョコレートを堪能できるのが特徴だそう。
うん、これは甘党のボクにはたまらない!

 

 

ふう。
いろいろと飲み比べて、おなかもタプタプ。
休憩しようと「和カフェ ユソーシ チャノマ」へ行ったら、靴を脱いでリラックスできる一角があるではないですか。もちろんコーヒー(¥500)をオーダー。
いつか、オンナの子と並んで、
ここで話すのは、「違いのわかるオトコ」について。

ボクがこの連載で学んだアートのこと、インテリアのこと、プレゼントのテクニック……。
ああ、なんか眠くなってきたぞ。どうやら、コーヒーにはリラックス効果もあるのかもしれない……。

 

おっと、いけない。目を覚まして、「違いがわかるオトコ」の仕上げは、コーヒー豆についての知識のインプット!
目指すは「キリンコーヒー」!。

 

 

ここは、生豆(写真左の緑のもの)をその場で焙煎して販売するという、コーヒー豆専門店。店頭に3台の焙煎機が並んでいます。
1月末からは「春一番」という期間限定ブレンドが出るけれど、すぐに売り切れちゃうくらい人気なんだって。

 

そこで「モテるために語れるウンチクを教えてください」と聞いてみると……、
「ここで焙煎をしたコーヒー豆は、飲む分だけ少量ずつミルで挽いて、いれる」
「焙煎したてのコーヒー豆は、ドリップしたときに豆がふわっとふくらんで、優しい香りが立つ」など、想像力を刺激するアドバイスが。ボクは、目を閉じてそれを聞いていた。

 

と、いつの間にか頭の中では、未来の彼女相手にそれらのウンチクをさっそく披露していた。でも……

 

今日の一句:
ウンチクを 語れるお相手 いまいずこ?

 
 

紹介店リスト
ジェイ・エス・パンケーキカフェ (ルミネ立川/4F)tel: 042-528-4622
カフェ ド ギンザ ミユキカン (ルミネ立川/8F)tel: 042-527-0011
軽井沢フラットブレッズ (ルミネ立川/1F)tel: 042-548-0700
ラ・メゾン アンソレイユターブル (ルミネ立川/6F)tel: 042-540-0399
ワイアード カフェ (ルミネ立川/8F)tel: 042-523-9677
クリスピー・クリーム・ドーナツ (ルミネ立川/1F)tel: 042-521-7140
スターバックス コーヒー (ルミネ立川/1F)tel: 042-540-0930
和カフェ ユソーシ チャノマ (ルミネ立川/8F)tel: 042-548-1407
キリンコーヒー (ルミネ立川/1F)tel: 042-527-2322

 

※価格はすべて税込です。


ページトップへ

COPYRIGHT© 2012 LUMINE CO.,LTD. ALL RIGHT RESERVED.