LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > デイリー★コーディネート塾 >
サンドカラーを使って #04 光に映える微光沢アイテムでハーブ園へ | Style

デイリー★コーディネート塾 06/20 更新

サンドカラーを使って #04 光に映える微光沢アイテムでハーブ園へ | Style

6月20日(木) 自然の色を使って、体も気持ちも大地に溶け込む
ルミネ池袋 ◆スタイリスト/山脇道子

梅雨の晴れ間をぬって、ハーブ園で刈り取り体験。初夏の日差しと緑に映えるのは、わずかな光沢とテロンとした柔らか素材のブラウス&パンツ。チュニックブラウスにはスリムパンツを合わせてもいいけれど、リラックス感があるのはワイドなパンツ。
 
サンダルは、すべてラバーでできているので濡れても汚れても大丈夫。
オレンジとベージュの落ち着いたスタイルに、まぶしいグリーンのスカーフを巻いた帽子で仕上げ。自然の中にある色ばかりだから、着ているだけで気持ちも安らぎます。

コーディネート使用アイテム


フロントギャザーノースリーブブラウス¥12,000
アトリエ スピック&スパン/スピック&スパン
iLUMINEで購入
 

タックストレートパンツ¥14,000
アトリエ スピック&スパン/スピック&スパン
iLUMINEで購入
 

ノースリーブショルダータックニット¥5,800
ミラ オーウェン
iLUMINEで購入
 

ミニかごショルダーバッグ¥7,800
ミラ オーウェン
iLUMINEで購入
 

ハット¥19,000
コンバース トウキョウ<コンバース×ミュベール>)
 

サングラス¥3,200
カスタネ
 

サンダル¥12,500
ジャーナル スタンダード レリューム<メリッサ>)
iLUMINEで購入

スタイリスト山脇道子の「これが買い!」

梅雨どきこそ、ドライなオレンジでテンションを上げる!


蒸し暑い日は、薄いカラーや爽やかカラーが着たくなるけれど、あえて太陽カラーを身につけて、カラっとドライな色のマジックを楽しもう。どちらもコットン100%で、Tシャツ感覚で気軽に、心地よく使えるのがうれしい。合わせるボトムはホワイトやベージュなど、明るめの色で。

コットンリブ クルーネックカーディガン¥13,000トゥモローランド<マカフィー>)
iLUMINEで購入
 
コットンジャージー アシンメトリープルオーバー¥13,000トゥモローランド<デ・プレ>)
iLUMINEで購入
スタイリスト山脇道子さん写真今週のレッスン担当スタイリスト:山脇道子さん

女の子をかわいく見せるエッジの効いたスタイリングが得意。ファッション誌『ar』『FRaU』のほか、ブランドディレクションなど幅広いフィールドで活躍。私服やネイル、旅を紹介するインスタも大人気。近著に女の子のためのL.A.ガイドブック『GIRL’S GETAWAY TO LOS ANGELES』(ダイヤモンド・ビッグ社)があり。

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。
※商品の価格や取り扱い状況は撮影時点のもので、変更になることがあります。

 

photo/Minako Kobayashi, text/luminemagazine

ページトップへ