LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
立川でおしゃピクにチャレンジ! の巻 #03 おしゃなパンを探せ | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 04/09 更新

立川でおしゃピクにチャレンジ! の巻 #03 おしゃなパンを探せ | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

立川でおしゃピクにチャレンジ! の巻

#03
おしゃなパンを探せ
@ぱんのお店 ドラジェ

ぱんのお店 ドラジェ

進化系ピクニックを先取るの

立川でおしゃピクの地図

オードブルが決まったところで、おなかを満たす主食を何にするか。ピザやサンドイッチはピクニックの定番だけど、「おしゃ」で攻めるなら…。焼きたてのあったか~いパンはどうだろう!? ということで昭和記念公園近くで焼きたてパンが買えるお店を検索し、私のアンテナに引っかかったのがこちら。ぱんのお店 ドラジェ

 

ぱんのお店 ドラジェのデニッシュ

毎朝8時から焼きたてパンが並ぶ。元パティシエのご夫婦がつくるだけあって、ケーキのような美しさとフルーツたっぷりのデニッシュ類が人気。左・ダークチェリー各¥230、右・ポム各¥230。

手づくりにこだわっているというこのお店。さっそく立ち寄り、イートインスペースで試食。「デニッシュ系は湿気の少ない今の時期がいちばんおいしいですよ」とすすめられたダークチェリーのデニッシュをひと口。サクッとしているけど、生地のバターや中のクリームがしっかりしているせいか、生地がボロボロ崩れない! これは屋外で散らからないうれしいポイント。また、お店の看板商品塩ぱんベーグルは、ふつうのベーグルよりもっちもちの食感! そこに塩気が乗って食欲が刺激され…オリーブオイルをつけてガブッといくのもいいし、小さく切ってチーズを乗せればおつまみにもなる。これはいいものを発見したぞ♡

 

何よりうれしいのは、午前中に立ち寄れば、焼きたてほっかほかのパンたちが店頭に並んでいるから、焼きたてをそのままピクニックに持って行けること! 「おしゃ」を超えて「本格派」。ピクニック当日の朝に立ち寄ること決定。これはレベルの高いピクニックになりそう!?(続く)

 

写真・文/みーちゃん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

ぱんのお店 ドラジェの塩ぱんベーグル

珍しい「塩ぱんベーグル」各¥190。試行錯誤を重ねた結果、北海道産の小麦粉が使われている。腹もちもよく、ピクニックの主食としてオススメ!

ぱんのお店 ドラジェの店内

このお店を営むのは的場さんご夫婦で、パンはもちろんジャムやクリームもすべて自家製。約50~60種類のパンは、10種類の生地と15種類の小麦粉が絶妙に使い分けられているそう。イーストフード不使用なのもポイント。

トーキョースポット

ぱんのお店 ドラジェ

東京都立川市高松町3-21-4 アストル 1F
Google Mapでみる>
電話:042-525-2730
営業時間:8:00~19:00
定休日:火曜・水曜
Webサイト:ぱんのお店 ドラジェ

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Ayano Sakamoto, luminemagazine


ページトップへ