LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
有楽町で駆け込みビューティーの巻 #05 プロが解決! 駆け込みメイク | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 03/31 更新

有楽町で駆け込みビューティーの巻 #05 プロが解決! 駆け込みメイク | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

有楽町で駆け込みビューティーの巻

#05
プロが解決! 駆け込みメイク
@シュウ ウエムラ ルミネ有楽町店

シュウ ウエムラ ルミネ有楽町店

キレイになりたい! 大至急!

有楽町で駆け込みビューティー! の地図

ここ数日の仕事がようやく山場を越えたので、伸びていた髪を少し短くして、カラーは明るめのアッシュ系ブラウンに。買ったばかりの白ニットにも合っていて、いい感じ。でも…ん? 駅のホームの鏡に映る顔は、まだ「冬っぽい」。周りの春っぽい女子たちとの違いはいったい…? そうだ! こんなときこそ先日取材したあの最新スポット。ルミネ有楽町にオープンした、シュウ ウエムラ

 

シュウ ウエムラのアトリエ メイクアップサービス

メイクアイテムが並ぶカウンターでのアトリエ メイクアップサービスは、フェイスメイクアップ20分、ポイントメイクアップ10分(無料)。ここでいちばん多いメイクの相談ごとは、眉メイクだそう。※メイクアップサービスは予約優先、混雑時は到着順。

入り口からすぐのこのコスメカウンターは、「駆け込み女子」のためにつくられたといってもいい。メイクが決まらない、何が合うかわからない。そんなときにたった10分でお悩みを解決してくれるのが「アトリエ メイクアップサービス」。

 

先日の取材でもお世話になったマネージャーの間山さんに相談すると、私のヘアや瞳の色を見ながら、「眉を明るめにしてみましょう」と即答。アイブローペンシルから「ウォルナットブラウン」というまろやかな茶色を選び、太めに描いていた自前の眉メイクをサッと消した上に、ふんわりと淡く、やや細めに描いてくれた。どうやら眉メイクのトレンドは、また細めに戻っているらしく(昔の“強い”細眉じゃないのがポイント! )。アイメイクも軽くお直ししてもらって、ちょうど10分。髪の色ともよく合って、私の顔にも春が来た感じ! やっぱりプロの腕は違うなぁ、と感心しつつ、自分でも挑戦しようとアイブローを購入。次の取材へ向かう足取りがなんだか軽い。たった10分で気持ちまで変えちゃうこの場所、まるでパワースポットみたい!? すっかり自信をつけた私は、堂々と街を歩いた。(続く)

 

写真・文/るーさん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

シュウ ウエムラのアイブローペンシル

アイブローペンシル「ブロー スウォード」は全部で5色。購入したのは、「ウォルナット ブラウン」(手前)。定番人気は「シール ブラウン」(手前から2番目)。各¥4,000。

iPadで写真を撮り、使用する商品とカラーを選べるコーナー

手前のiPadで自分の写真を撮り、使用する商品とカラーを選ぶと、画面上でバーチャルメイクが楽しめる。ここで大まかにアイテムを選んでから、実際に試してみるというのが賢い方法。

シュウ ウエムラの店頭

L字型の店頭では、メイクアップ商品を中心にラインナップ。4月下旬からは、韓国のデザイナー「KYE(カイ)」とコラボレーションしたカラーアイブローが登場する。

トーキョースポット

シュウ ウエムラ ルミネ有楽町店

東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町ルミネ2/1F
Google Mapでみる>
電話:03-3287-2002
Webサイト:シュウ ウエムラ ルミネ有楽町店

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Ayano Sakamoto, luminemagazine


ページトップへ