LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
西麻布でホワイトデーごはんに憧れるの巻 #02 謎解きメニューなデート | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 02/25 更新

西麻布でホワイトデーごはんに憧れるの巻 #02 謎解きメニューなデート | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

西麻布でホワイトデーごはんに憧れるの巻

#02
謎解きメニューなデート
@ラ・ボンバンス

ラ・ボンバンス

素敵なゴチを夢みて

西麻布でホワイトデーの地図

先月、自由が丘BLOOM’Sで買ったジャーに入ったビスコッティふたつ。ひとつは自分に、もうひとつは結局、会社に出入りしているWebデザイナー男子にあげた。月に一度届けてくれる請求書がいつもちゃんとしているので、そのお礼も兼ねてプレゼントしてみたのだ。

 

ラ・ボンバンスのコースメニュー「帆立10Au eyeサラダ」

メニューは月替わりのコース1種のみ。(¥10,000。デザート付きはプラス¥800。別途サービス税10%、消費税8%)その中の「帆立10Au eyeサラダ」は、軽くあぶられた魚と山菜のフリットが春を感じさせる。3月の新メニューもお楽しみに。

1か月後、律儀な彼はビスコッティのお礼に、と食事に誘ってくれた。そのお店が西麻布のとある地下に潜むラ・ボンバンス。シンプルだけど質の良いニットを着た彼の姿をカウンター席に見つけ、すこしドキッとする。隣に座って月替わりのメニューを見ると、「帆立10Au eyeサラダ」、「291089筍」!? まるで暗号みたいな文字が! お店の人に聞くと、「帆立10Au eyeサラダ」は、「帆立と金目鯛のサラダ」(「10」は「と」、「Au」は元素記号で「金」、「eye」は「目」)。「291089筍」は「肉と焼く筍」。なんと、メニューが謎解きになっている! いっしょにメニューを見るだけで距離が縮まる不思議な仕掛けにまんまとはまってしまい…。

 

なぜ、彼は私をデートに誘ったのか? その真意を聞きたくなる気持ちを打ち消すかのように、食べることに集中する。メニューの名前は奇抜だけどお料理はどれも本格的で、見た目も美しい。コース1種のみだから、途中でメニューに迷う心配もない。これは初デートにぴったりだなぁ…そんなことを考えているうちに、あっという間にラストオーダーの時間。さらっとお会計を済ませ、律儀にお礼する彼。そしてまるで風のようにその場を立ち去って…。あれ、これマジで「お礼」ごはん!? メニューより謎な彼とのデートだった。(続く)

 

写真・文/みーちゃん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

ラ・ボンバンスの「291089筍」

レア感の残るお肉の下にはホクホクの焼き筍が隠れている「291089筍」。あぶった皮の香りを移しながらいただく。「八海山」の純米大吟醸生原酒(¥1,800)など珍しい日本酒もそろう。

ラ・ボンバンスの店内

カウンター席でも隣との距離がきちんと取られているので、プライベート感があり、親密なムードになれる。

トーキョースポット

ラ・ボンバンス

東京都港区西麻布2-26-21 ニューシティレジデンス B1F
Google Mapでみる>
電話:03-5778-6511
営業時間:18:00~22:00(L.O.)
定休日:日曜・祝日
Webサイト:ラ・ボンバンス

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Ayano Sakamoto, luminemagazine


ページトップへ