LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
谷中で猫と戯れるの巻 #01 幸せを招く猫ちゃん | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 02/09 更新

谷中で猫と戯れるの巻 #01 幸せを招く猫ちゃん | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

谷中で猫と戯れるの巻

#01
幸せを招く猫ちゃん
@開運 谷中堂

開運 谷中堂

猫好きのみなさん、集合!

谷中で猫めぐりの地図

友だちが猫を飼いはじめた。うらやましい…。何を隠そう、私は猫を愛している。小さい頃から実家で飼っていたけど今はいないし、ひとり暮らしのアパートは犬猫禁止。悔しくて切なくて、猫に会いたくて会いたくて…私の足はあの場所へと向かっていた。かつてよく遊びに行った猫の街「谷中」だ。

 

開運 谷中堂の招き猫

谷中と千駄木の間にある招き猫専門店「開運 谷中堂」。今年の干支・申の被り物の招き猫(¥1,200)は、制作が間に合わないほどの人気ぶり。そのほか数百種類の招き猫がそろっている。

まず訪れたのが、千駄木駅から三崎坂をゆるやかに上がったところにある手づくり招き猫の専門店、開運 谷中堂。「宝くじが当たった」「仕事が上手くいった」など、ここの猫たちが招いた福はたくさんあるそうで、猫好きの間では知られた存在。彼のピエール(ピーちゃん)がフランスに帰るときの手土産にしたり、私も何度かお世話になっているが、今日は遅ればせながら2016年の開運祈願。目指すは猫好きがこぞって買いに来る、干支と猫が合体した「申の被り物の招き猫」! いろいろ見比べると、それぞれお顔やポーズがひとつずつ違って個性があることに気付く。よし。私好みの招き猫ちゃん、見つけてみせるぞ!

 

さて、このお店の名物が「My招き猫」のオーダー。写真を持っていくだけで自分の愛猫そっくりの招き猫が完成するとか。世界にひとつだけの招き猫。想像するだけで愛しさが止まらない。いつかピーちゃんといっしょに飼った愛猫で、ふたりだけのMy招き猫をつくれたら…あらたな夢ができて、にゃんともほっこりしてしまった。(続く)

 

写真・文/ネネたん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

開運 谷中堂の「My招き猫」

「My招き猫」は、愛猫の写真を持って行き、6ヶ月ほどで完成。江戸猫の大(左上/¥9,000)は高さ11センチほどの大きさで、いちばん人気のあるサイズ。ほかにも西に置くと金運がアップする「西に黄色の金運招き猫」や、占い付きの招き猫ストラップ「366日の誕生日招き猫」も人気。

開運 谷中堂

約25年の歴史を持つ開運 谷中堂。年に1回法事などで寺院を訪れる人向けに、招き猫を販売したのが始まり。今では海外からも観光客が招き猫を求めてやって来る。

トーキョースポット

開運 谷中堂

東京都台東区谷中5-4-3
Google Mapでみる>
電話:03-3822-2297
営業時間:10:30~17:30
定休日:年中無休(夏休み・年末年始休み)
Webサイト:招き猫の谷中堂

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Ayano Sakamoto, luminemagazine


ページトップへ