LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
新橋で飲み歩きデビューの巻 #02 魚介という名のパラダイス | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 01/14 更新

新橋で飲み歩きデビューの巻 #02 魚介という名のパラダイス | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

新橋で飲み歩きデビューの巻

#02
魚介という名のパラダイス
@UOKIN PICCOLO

UOKIN PICCOLO(ウオキンピッコロ)

コスパよし! 雰囲気よし!

新橋で飲み歩きの地図

取引先女性の昇格祝いを任された私。新橋で大人の女性が楽しめるお店って…? すこし考えてみて真っ先に思い浮かんだのが、広告マンKくん。大学の同級生だった彼は、新橋界隈では名高い合コンキング。女性がよろこんでくれそうなお店をメールで聞いてみると、さすが一瞬で返信が! そこにはイタリアンバルUOKIN PICCOLO(ウオキンピッコロ)のURLが貼り付けられていた。

 

UOKIN PICCOLO(ウオキンピッコロ)のメニュー

グラスのスパークリングワインはロゼ(¥690)、白(¥590)共にスペイン産。「海の幸カルパッチョ6点盛り」(¥980)は、ノルウェーサーモン・活タコ・北海道ホッキ貝・愛媛マダイ・兵庫カキの6点入り(季節により異なる)。

下見に誘ったのは毎度おなじみ、みーちゃんとネネたん。明日も早いから今夜は軽く、ということでまずはスパークリングワインで乾杯。「海の幸カルパッチョ6点盛り」が出てきたところで驚いた。この量とクオリティ。そしてプリプリと音がしそうな新鮮さ。さらに人気メニューのペスカトーレは、濃厚ソースに魚介の味がしっかりとしみ込んで、お酒が進む、進む、進む…。

 

ここで私がひと足お先にワインにチェンジ! メニューを見ると、ボトルは2,000円台、3,000円台で選び放題。ライトな赤ワインを頼んで、めくるめく魚介パラダイスを堪能。さらにサラダやパスタを追加して、3人合計約1万円也。遠慮しないでさくさく注文してこのお値段! どうやらメニューにない秘蔵ワインもあるらしく、開拓しがいがある。今日は付き合ってくれたお礼ということで、ドーンと私がお支払い。このお店、魚介好きな女子にはたまらない…さっそくスマホのお気に入りに登録だ。(続く)

 

写真・文/るーさん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

UOKIN PICCOLO(ウオキンピッコロ)の「海の幸のペスカトーレ リングイネ」

「海の幸のペスカトーレ リングイネ」(¥1,080)は、ムール貝やエビなど全5種類の魚介類がたっぷり。毎週木曜日、男性がいるテーブルはボトルワイン30%オフという太っ腹なサービス“おやじデー”を開催中! (すべて税込み)

UOKIN PICCOLO(ウオキンピッコロ)

お店の入り口付近と外は、イタリアンバルらしい立ち飲みスペース。早い時間にここでワインと軽いおつまみを楽しむ常連客も多い。

トーキョースポット

UOKIN PICCOLO(ウオキンピッコロ)

東京都港区新橋3-18-2 1F
Google Mapでみる>
電話:03-5473-0676
営業時間:月~金 17:00~23:30(L.O.22:30)
土・日・祝 16:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:年中無休
Webサイト:株式会社魚金 魚金グループ

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Ayano Sakamoto, luminemagazine


ページトップへ