LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
新橋で飲み歩きデビューの巻 #01 大衆酒場に誘われて | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 01/12 更新

新橋で飲み歩きデビューの巻 #01 大衆酒場に誘われて | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

新橋で飲み歩きデビューの巻

#01
大衆酒場に誘われて
@酒蔵 かっぱ

酒蔵 かっぱ

コスパよし! 雰囲気よし!

新橋で飲み歩きの地図

新年会真っ盛りの1月中旬。急に上司に呼び出されて早めに仕事を切り上げ、向かった先はおやじの街、新橋。彼の行きつけだという居酒屋に付き合ってほしい、と言われ…。ちなみにその男性上司は45歳、既婚、子どもはもう中学生! 特にタイプでもない既婚男子とサシ飲みしてるヒマなんてないのだけど…と思いつつ、変に勘ぐるのも大人げない。笑顔でふたつ返事して、新橋の酒場街にいざ突入…!

 

新橋 酒蔵 かっぱ

この場所で36年続く新橋の老舗「かっぱ」。食事前の「軽い飲み」から「がっつり飲み」まで、どっちのニーズにも対応可能。

たどり着いたのは赤ちょうちんが目印の大衆酒場「酒蔵 かっぱ」。壁に手書きのメニューがずらりと並ぶ店内は、ザ・昭和なムード満載。まだ夕方5時過ぎなのに既にお客さんでいっぱいだ。上司は常連らしきほかのお客さんとさらっとあいさつをかわしつつ、余裕の表情で私を手招き。カウンターのいちばん奥にすわらせてもらい、まずはビールで乾杯!
牛すじ煮込み、サバの薫製、明太子玉子焼き……くぅ~~! 思わず心の歓声が漏れそうになるほどの、お酒が進むメニューの数々。どうやら上司はこのとろけるような牛すじ煮込みのファンで通いつめているらしい。さっそく2杯目からにごり酒をすすりながら、早くも私の心はいい感じに溶けてきて…。

 

「ところで例の話なんだけど」上司が突然口火を切ったので私の脳はシャキッと目覚める。「来月A社との会合を仕切ってくれないか? 新橋で」え、新橋で? 会合? 聞いてみると、取引先であるA社の女性(とてもお上品)が部長に昇格するらしく、しかも新橋で飲みたいというリクエストがあり雰囲気的にちょうどいいお店を探しているという。「女性の視点でいいお店っていうのが俺には判断できなくて」…はいはい、なるほどなるほど。すこしでも警戒した自分をちょっと恥じらいつつ、そういうことならお任せあれ! 新女性部長誕生のお祝いに、気を遣わせずカジュアルに楽しめるお店、ぜひぜひ探してみせますとも。
食事を終えると上司がさっと5,000円を出し、そこにおつりがついてきた。このコスパの良さも新橋の魅力なのだろう。新橋での居酒屋開拓兼、飲み歩き。なんて幸せな仕事だ!(続く)

 

写真・文/るーさん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

新橋 酒蔵 かっぱの「徳若」のにごり酒や「牛すじ煮込み」

「徳若」のにごり酒(¥650)は酒蔵から直接仕入れたもの。甘くてまろやかなので、飲み過ぎ注意! 肉が大きい「牛すじ煮込み」(¥580)はこのお店の定番人気メニュー。仕込みに手間のかかった「サバの薫製」(¥580)は、大将の自信作。

酒蔵 かっぱの店内

カウンター席のほかに、テーブルがふたつ。比較的すいているのは、オープン直後の16時台と21時以降。

トーキョースポット

酒蔵 かっぱ

東京都港区新橋4-19-1 1F
Google Mapでみる>
電話:03-3431-7928
営業時間:平日 16:00~23:00、土曜日 17:00~22:00
定休日:日曜・祝祭日

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Ayano Sakamoto, luminemagazine


ページトップへ