LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
大門で開運スポット探検! の巻 #06 幸せの神社で2016年の決意を語る | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 01/09 更新

大門で開運スポット探検! の巻 #06 幸せの神社で2016年の決意を語る | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

大門で開運スポット探検! の巻

#06
幸せの神社で2016年の決意を語る
@幸稲荷神社

幸稲荷神社

2016年の幸せを探しに

大門で2016年の運気をアゲるの地図

仕事始めの1週間がバタバタのうちに終わり、今日はるーさん、ネネたんと新年会。仕事納めの日に増上寺に行って以来、それぞれ、2016年の運気アップのために巡ったスポットの報告会となった。集まった場所は、年末から決めておいた幸稲荷神社

 

幸稲荷神社

江戸初期の寛永年間、「府内古社十三社」に数えられていて、東京最も古い神社のひとつ。伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀っている。

もとは「岸之稲荷」という名だったのが、氏子さんや信者さんに幸いごとが続出して、幸稲荷と呼ばれるようになったこと。そして、東京でもかなり古い神社であること。このふたつの事実は事前のリサーチでわかっていたけれど……この場所が、こんなにも緑あふれる都会のオアシスだったとは! さらに、神社の屋根にハート型の模様を発見! 検索しても出会わなかったレア情報なだけに、気分がアガる。きっと2016年の恋はうまくいくはず……。

 

さて、報告会。るーさんは、愛宕神社で男坂を駆け上がり、筋肉痛が残っているながらも、「仕事のやる気がうなぎのぼり」とのこと。来たる1月15日に増上寺で開帳の黒本尊で、勝運と厄除けを願うのを何よりも楽しみにしてるらしい。ネネたんは、讃岐小白稲荷神社にあった10の教えをピエールとともに実践して「ますますラブ&ピース! 」だそう。私はというと、大晦日のホムパで知り合った男性からごはんのお誘いメールが! この年末年始の開運スポット体験は、私たちに小さなきっかけをつくってくれた。それを2016年どう生かすか。私たちの行動力にかかっているかも!?

 

写真・文/みーちゃん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

幸稲荷神社の屋根の装飾板

屋根の装飾板“懸魚(げぎょ)”と呼ばれる部分にハート型の模様が! 神社によってさまざまな模様があるが、ハートは日本の伝統的文様「猪目(いのめ)」から発展したものだといわれている。

幸稲荷神社の境内

「幸」の神社であるほかに、「瘡護(かさもり)神社」でもあり、境内にある御祠石(御福良石)に水をかけて祈ると、どんな熱病も癒えると伝えられた。

トーキョースポット

幸稲荷神社

東京都港区芝公園3-5-27
Google Mapでみる>
Webサイト:幸稲荷神社

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Maho Honjo, luminemagazine


ページトップへ