LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
学芸大学でゆるデトックスの巻 #05 白ワインでデトックス | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 11/26 更新

学芸大学でゆるデトックスの巻 #05 白ワインでデトックス | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

学芸大学でゆるデトックスの巻

#05
白ワインでデトックス
@立ち呑みワイン酒場Booze

立ち呑みワイン酒場Booze

さらば、ストレス!

学芸大学でデトックス地図

ピーちゃん(フランス人の彼)から3日ぶりに電話。彼いわく「ゴメン、ホントに忙しかった」そうで、先日のドタキャンをお詫びしてくれるらしい。私が学大がいい! といったらお店を探してくれることに。連れていってくれたのは、赤ちょうちんに「ワイン」の文字が目印の立ち飲み酒場

 

立ち呑みワイン酒場Boozeのおつまみ盛り合わせ

どんなワインともよく合う、おつまみ盛り合わせ(¥1,600)。野菜やレバーパテ、イチジクなどがたっぷりのって、この量で一人前!

まずはふたりとも大好きなロゼのワインで乾杯。おつまみの盛り合せにはレバーパテやいちじくが入っていて、鉄分もたっぷり摂取できる。続いて、この店おすすめの「エゾジカのレアカツレツ」を、白ワインで。シェフ自ら北海道の猟師さんの狩りに同行してしとめた鹿肉にはまったく臭みがなく、フランスパンをけずった自家製のパン粉で外側はカリカリ、中はレア感の残った肉汁がじゅわり。ピエールがいうには、このお肉にぴったりの白ワインに含まれている有機酸は腸内環境を整えてくれて、さらにカリウムがむくみの原因であるナトリウムを排出してくれるとか。まさにデトックス効果! 「ネネ、キレイダヨ」そんな彼のセリフもいいが、彼の知識の深さにはいつも感心させられる。好きな人とおいしくお酒を飲んで語り合う。これは私にとって、最強のデトックスかも。(続く)

 

立ち呑みワイン酒場Boozeのエゾジカのレアカツレツ

「エゾジカのレアカツレツ」(¥1,600)は、すだちをしぼっていただく。生臭さがまったくなく、さっぱりとした赤身肉。エゾジカには、白ワインのぶどうの皮の色がうっすらついたオレンジワインがぴったり。グラス¥800。

立ち呑みワイン酒場Booze

深夜3時まで、たくさんのワイン好き・おしゃべり好きでにぎわう店内。カウンターでの立ち飲みのほかに座席が13席あり、パーティでの貸し切りも可能。

写真・文/ネネたん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

トーキョースポット

立ち呑みワイン酒場Booze

東京都目黒区鷹番3-7-4 鈴や第3ビル1F
Google Mapでみる>
電話:03-3760-5454
営業時間:18:00~27:00
Webサイト:立ち呑みワイン酒場Booze(食べログ)

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Maho Honjo, luminemagazine


ページトップへ