LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
学芸大学でゆるデトックスの巻 #03 香りと音楽でデトックス | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 11/21 更新

学芸大学でゆるデトックスの巻 #03 香りと音楽でデトックス | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく!トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

学芸大学でゆるデトックスの巻

#03
香りと音楽でデトックス
@珈琲と紅茶とバロック音楽『平均律』

珈琲と紅茶とバロック音楽『平均律』

さらば、ストレス!

学芸大学でデトックス地図

今日は、フランス人の彼ピエール(ピーちゃん)と久々にデートの予定。のはずが! 家を出てからきた電話は「ゴメン、ネネ! 急な仕事が…」。イライラしたくないので「オーケー」とひとことだけ言って、ひとりお茶しに学大へ。

 

珈琲と紅茶とバロック音楽『平均律』

壁にはカップ&ソーサーがずらり。どれもアンティークな佇まいで、100年前の柱時計が時を刻んでいる。いっしょに並んだバロック音楽のレコードやCDとも相性がいい。

西口商店街の方に歩くと、なんとも趣深い喫茶店が。カウンターに座ってまずは珈琲をオーダー。まわりを見ると、新聞を読みながら店員さんと楽しげにおしゃべりする常連さん、奥のテーブルで静かに珈琲を楽しむ年配のご夫婦。それぞれが、それぞれの喫茶時間を楽しんでいる。私の視線に気づいた常連さんが「月に一度、個展やお茶会があって、いろんな人が集まるんだよ」と教えてくれた。いろんな年代のいろんな人が、同じ空間でゆるくつながっているって、ちょっとオトナな世界だ。その空間とバロック音楽がマッチしていて、とても心地いい。新しい人と出会うことはエネルギーがいるけど、これくらいの距離感はこんな日にぴったり。ひとりの時間もいいもんだな。そんなことを思いながら、ピーちゃんのドタキャンを怒るのはやめた。ひとりで来たからこそ、こんな落ち着いた気持ちになれたから。(続く)

 

珈琲と紅茶とバロック音楽『平均律』の自家製アップルパイと炭火焙煎珈琲

神戸・萩原珈琲から直送の豆を使った炭火焙煎珈琲(¥600)と、リンゴの食感がたまらない自家製アップルパイ(¥400)。パイ生地に薄ーくアーモンドクリームを塗り、リンゴを煮ないで生のまま並べて焼くので、サクサク&シャリシャリ!

珈琲と紅茶とバロック音楽『平均律』店主のえりささん

西口商店街を一本入ると見える黄色い看板が目印。階段を上ると店主有賀さんの笑顔と珈琲の香りが迎えてくれる。

写真・文/ネネたん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

トーキョースポット

珈琲と紅茶とバロック音楽『平均律』

東京都目黒区鷹番3-7-5 2F
Google Mapでみる>
電話:03-3716-6537
営業時間:火~金12:00~20:00、土13:00~20:00、日・祝13:00~19:00
定休日:月曜日
Webサイト:珈琲と紅茶とバロック音楽「平均律」

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Aya Kobayashi, luminemagazine


ページトップへ