LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
学芸大学でゆるデトックスの巻 #01 都心の温泉でデトックス | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 11/17 更新

学芸大学でゆるデトックスの巻 #01 都心の温泉でデトックス | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく!トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

学芸大学でゆるデトックスの巻

#01
都心の温泉でデトックス
@ぽかぽかランド 鷹番の湯

ぽかぽかランド 鷹番の湯

さらば、ストレス!

学芸大学でデトックス地図

疲れた。ひょんなことから、友人の恋愛関係のごたごたに巻きこまれてしまったのだ。男女ともに古くからの仲で、どちらの敵にも味方にもなれない。そんな状況で押し寄せてくる二人からのSNSでの相談の嵐!もう逃げるしかない…ということで、学生時代によく出没していたなじみの街、学芸大学でひとりゆる~くデトックスすることにした。どうか、誰にも会いませんように…。駅を降りてすぐに吸い寄せられたのは、住宅街にたたずむ銭湯ぽかぽかランド 鷹番の湯

 

ぽかぽかランド 鷹番の湯の浴室

コンパクトながら、お湯の種類や設備は都心でもトップクラス。浴室は1Fと2F。偶数日は1Fが男湯、奇数日は女湯になる。泉質は都内では珍しい、色のないメタケイ酸・メタホウ酸の冷泉。体がとにかく温まり、関節痛などにも効果があるそう。

受付で貸しタオル料50円と入館料460円(ともに税込み)を支払って、まだ明るい時間から女湯へ。このコスパの良さは正直うれしい。しかも、東京では珍しく本物の温泉を引いているというから満足度はかなり高い。まずはゆ~っくり温まってから、ジェットバスや水風呂で疲れた体に適度な刺激を与え、サウナではバケツいっぱいに盛られた塩を体にすりこんでガンガン汗をかく! 汗といっしょにイヤ~な気持ちも流れていくようで、スカッとする! 気づくとあら、最近カサつきがちだった肌がスベスベに。ワンコインですっかりデトックスを満喫して、家に着くなり泥のように眠りまくった。よし、しばらく学大にこもるぞ。(続く)

 

ぽかぽかランド 鷹番の湯の黒酢リンゴ

お風呂あがりの一杯に黒酢リンゴ(¥100・税込み)を。定番のコーヒー牛乳もいいけれど、鷹番の湯ではぜひこちらをグイっといきたい。

ぽかぽかランド 鷹番の湯

学芸大学駅から住宅街を抜けて歩くこと約7分。近年改装したばかりで外も中もシンプルで清潔感あり。近所の常連客はもちろん、東京近郊から車で来るファンもいるという。

写真・文/ネネたん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

トーキョースポット

ぽかぽかランド 鷹番の湯

東京都目黒区鷹番2-2-1
Google Mapでみる>
電話:03-3713-1005
営業時間:15:00~25:00(日・祝は14:00~25:00)
定休日:金曜日
Webサイト:ぽかぽかランド 鷹番の湯(立ち寄り温泉みしゅらん)

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Aya Kobayashi, luminemagazine


ページトップへ