LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
北千住で冷えとり散歩の巻 #02 とろけるネギで温めて♥ | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 11/05 更新

北千住で冷えとり散歩の巻 #02 とろけるネギで温めて♥ | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく!トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

北千住で冷えとり散歩の巻

#02
とろけるネギで温めて♥
@もう一つの家「一歩一歩」

もう一つの家「一歩一歩」

心も体も温めて♥

北千住で冷えとり地図

今日は例の健康マニアの友人に連れられて一歩一歩という居酒屋へ。そこで彼女が真っ先に注文したが「千寿葱(せんじゅねぎ)」

 

千寿葱(せんじゅねぎ)

丸ごと焼く食べ方はもちろん、鍋やすきやきにピッタリの千寿葱。太さ4センチにもなる2月ごろが、甘みがのっていちばんの食べ頃。

ネギ?と思った私の心を見透かして、友人は力説。千葉や埼玉で採れたねぎから、千住の市場でネギの目利き「葱商(ねぎしょう)」による厳しい品質と味のチェックをクリアしたものだけが、「千寿葱」と呼ばれるのだ、と。その熱いトークだけでちょっと冷えがとれそうだが、このお店では千寿葱をシンプルに味わえるんだって。

 

オリーブオイルを塗って、炭火の上でじっくり焼くこと約15分。どんどんツヤっぽくふっくらとしていくネギ様。昔から、「体が温まる」とか「カゼに効く」とか言うけれど、千寿葱のこのツヤっぽさには、なんというか、色気すら感じる。食べてみると、とろとろっととろけて、まるでディナーの主役級。これでキレイになれるなら本望!「葱の青いところの本数が多いのが、おいしいネギなんだよ」という友人の言葉を胸に、帰り道、ネギを求めてスーパーに走った。(続く)

 

もう一つの家「一歩一歩」の千寿葱

焼き上がりは、カットして「なまら塩」(昆布風味の塩)でいただく。誰の口からも出る感想は、「とろける!」「甘い!」。千寿葱¥480。

もう一つの家「一歩一歩」

1階は炉端焼きの「一歩一歩」、奥まった2階が「もう一つの家 一歩一歩」(写真)。カウンターのほか、奥には座敷もあり、貸し切り使用も可能。

もう一つの家「一歩一歩」のリブロースと熟成肉

シンプルに炭火で焼いたリブロースや熟成肉(100g ¥1,280)も、この店の看板メニュー。冬は辛口の日本酒とよく合う! シメのわさび飯(¥680)、たまごかけごはん(¥580)まで、すべて素材が新鮮かつよりすぐりの逸品。

写真・文/みーちゃん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

トーキョースポット

もう一つの家 一歩一歩

東京都足立区千住3-53 2F
Google Mapでみる>
電話:03-3881-8700
営業時間:17:30~24:30
定休日:無休
Webサイト:http://ippoippo.co.jp/

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Maho Honjo, luminemagazine


ページトップへ