LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > デイリー★コーディネート塾 >
今週のレッスン:マニッシュスタイルに挑戦! (ルミネ新宿)

デイリー★コーディネート塾 09/14 更新

今週のレッスン:マニッシュスタイルに挑戦! (ルミネ新宿)

ハンサムでメンズライクなアイテムを使ったコーディネートを、ルミネ新宿 ルミネ2からご紹介!(スタイリスト/山崎ジュン)

 

9月14日(月) ゆるハンサムな着こなしのコツは?

 

腕のいい骨盤矯正の先生がいると聞きつけて、サロンを予約。夏の疲れもたまっているので、体のゆがみを取って気分をリフレッシュしたい!

 

施術後に体を締め付けたくないので、ゆるめのTシャツとドロストパンツでお出かけ。グレーのTシャツに黒パンツという男前な配色でも、しなやかな素材感なら、堅い印象になる心配はなし。夕方になって冷えないように、ダンガリーシャツも忘れずに。いつものようにシャツを両方の肩にかけて結ぶよりも、たすきがけのようにアシンメトリーに結ぶと、一気にこなれて見えます。ヘアがくずれても気にならないようにフェルトハットをオン。

 

着こなしをメンズライクにしたぶん、チェーンバッグとヒール靴で華やかにすれば、サロン帰りにカフェに寄り道してもOK。

 
 

コーディネート使用アイテム

 

ダンガリーシャツ¥8,500
プラザ<Lee>)

 

ノースリーブTシャツ¥5,200
フレイ アイディー

 

ドロストパンツ¥8,500
アーバンリサーチドアーズ
iLUMINEで購入>

 

ハット¥8,900
アルページュストーリー<アプワイザー・リッシェ>)

 

バングル¥3,900
アンティグラヴィテ<ドミノ>)

 

バッグ¥15,000
アルページュストーリー<ジャスグリッティー>)

 

パンプス¥26,000
スピック&スパン ノーブル<コルソローマ>)
iLUMINEで購入>

 
 

9月14日(月)のコーディネート・ワンポイントアドバイス

 

ダンガリーシャツはモノトーン配色にも、カーキやボルドーなど秋配色にもハマります。そんな優秀なブリッジアイテムは、冬になったらニットにイン。襟からデニム地がのぞくだけで、ボーイッシュな雰囲気を楽しめます。

 

 
 

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。
※商品の価格や取り扱い状況は撮影時点のもので、変更になることがあります。

スタイリスト写真今週のお悩み解決スタイリスト:山崎ジュンさん

ファッション誌、タレントのスタイリングなどで活躍中。リラックス系カジュアルからオフィススタイルまで、どこか“上品”で“こなれた”スタイルが得意。「すぐマネできる」テクニックをお伝えします!

photo/Yusuke Genba, text/Natsuki Kawaguchi

 


ページトップへ