LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > SHOP仕掛け人を追う! >
「アンド クチュール」vol.1 ルミネのお客さまが欲しい服を追求した、新ブランド誕生!

SHOP仕掛け人を追う! 02/20 更新

「アンド クチュール」vol.1 ルミネのお客さまが欲しい服を追求した、新ブランド誕生!

クチュールカジュアルに不要な部分を
削ぎ落とすところからスタート

 


左:岸 有恵/SUMIE KISHI
ルミネ 業態マネジメント部 ディレクター。新宿店と有楽町店の新規店舗開拓を手掛ける。2014年5月から、「アンド クチュール」のディレクションも担当。
右:芦田典子/NORIKO ASHIDA
大手アパレルメーカーのデザイナーを経て、2014年サマンサタバサグループのレストローズに入社。10月、「アンド クチュール」のデザイナーに就任。

 

◆アンド クチュールについてSHOP DATAはこちら >

 

人気ブランド「レストローズ」とルミネによる共同プロジェクトがスタートしたのは、2014年5月。それから約10か月。両社のノウハウとこだわりがたっぷり詰まった新ブランド「アンド クチュール」が、2015年3月にオープンする。

 

プロジェクトの中心人物は、ルミネ 新規店舗開発担当の岸有恵とレストローズのデザイナー芦田典子さん。昨年5月から何度も話し合いを重ねた成果が、「1点1点ストーリーを語れる服」となって、いよいよ店頭に並ぶ。

 


左:袖にチュールを使ったニットは、ベーシックカラーからパステル系まで全10色展開。「袖を長めに作り、大人も着られるかわいいニットに仕上げました」(芦田さん)パフスリーブニット¥8,900、つけ襟¥6,900、スカート¥14,000(すべてアンド クチュール)
右:立体感のあるワンピースの裾にもチュールがあしらわれている。「着ていただくと、シルエットの美しさをより実感できます!」(岸) ワンピース¥21,000(アンド クチュール)

 

 サマンサタバサグループにレストローズが加わったタイミングで、一緒に新しいことをしませんか? と声をかけていただいたのが昨年の5月でした。

 

芦田さん プロジェクトが始動した当時は、違うブランドのデザイナーをしていました。エレガントでありながら、カジュル感も取り入れた“クチュールカジュアル”をコンセプトにしたブランドを立ち上げると聞き、新しい! 関わりたい! と思ったのです。感度の高いディテールを取り入れたオンスタイルって、ありそうでないですから。“ぜひ、デザイナーをやらせていただきたい”と社長にお願いしました。

 
 

 レストローズは、カットラインやディテール、シルエット、素材の扱いといったクチュール感にこだわりをもたれているがゆえに、ファーストサンプルは要素がモリモリで(笑)。コンサバ系のブランドなら、ワンピースにネックレスが付いていたりボタンにビジューが付いているデザインは好まれます。でも、“クチュールカジュアル”というコンセプトからは外れてしまう……。まずは削ぎ落とす作業に力を入れました。これまでも多くの新店舗に関わってきましたが、こうして1点1点のサンプルをチェックするのは、初めてです。

 

芦田さん その甲斐あって、岸さんの何を削り何を残すかのジャッジで、カジュアル感の分量についてもお互い明確になりましたよね。

 
 

ものを売るために必要なことは執着心

 


 ルミネは“お客さまの好みを知っている”こと、レストローズはデザイナーやパタンナーなどの企画部門を自社に抱え、一からものづくりができる環境が整っていることが強み。サンプルを修正するときも、パタンナーがその場ですぐに直してくれるのです。

 

芦田さん アンド クチュールは、サイズ感にもこだわっています。社内の女性スタッフに着てもらい、年齢やスタイルによって変わるウエストの位置やバストの高さなどの情報収集をしました。社長いわく、“ものを売るには、執着心が大事”。その言葉にハッとし、もう一度細部を修正して……。大変でしたが、執着したおかげで納得のいくものができました。

 

ものを売るための“執着心”は、店舗デザインやショップスタッフの採用条件にも表れている。次回、ショップ限定アイテムや制作秘話などとともにお届けします。(vol.2に続く)

 


左:ルミネで今、売れているアイテムのひとつがドッキングアイテム。「コンビネゾンですが、上下コーディネートしているように見えるところが人気の理由。ロングカーディガンと合わせれば、大人っぽく着こなせます」(岸さん)コンビネゾン¥17,000、ロングカーディガン¥14,000(ともにアンド クチュール)
右:シルエットがスポーティなパンツも、コーディネート次第でオフィス仕様に。トレンチコート¥29,000、ニット¥12,000、パンツ¥13,000(すべてアンド クチュール)

 
 

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。

◆SHOP DATA◆

 

アンド クチュール

キーワードは、“クチュールカジュアル”。カジュアルだけどクチュール感があり、シンプルだけど大人キレイに着こなせる洗練されたアイテムを、着回しが利くスタイルで提案します。

 

ルミネ新宿 ルミネ2 3月3日(火)オープン予定
営業時間:11:00~22:00(平日) 10:30~22:00(土日祝)
tel:03-6380-1890

 

ルミネ有楽町 3月4日(水)オープン予定
営業時間:11:00~21:30(平日) 11:00~21:00(土日祝)
tel:03-6268-0730

 

ルミネ横浜 3月5日(木)オープン予定
営業時間:10:00~21:00
tel:045-453-3511

 

photos/Ryoko Maruyama, text/Junko Yamazaki


ページトップへ