LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > デイリー★コーディネート塾 >
国内旅スタイル #03 表情違いの白を合わせてピュアに | Style

デイリー★コーディネート塾 03/21 更新

国内旅スタイル #03 表情違いの白を合わせてピュアに | Style

ルミネの春トレンドテーマ「Modern Japonism」に合わせて、国内旅のコーデをレッスン! ◆ルミネ池袋より ◆スタイリスト/入江未悠

3月21日(水) ホワイトコーデで森のリゾートへ

 

憧れのコテージから森を眺めたり読書をしたり。自然と共鳴する時間は、気持ちも平和になれるとき。ホワイトを全身に効かせた、ピュアなスタイルで!

 

ホワイトコーデのときに気をつけたいのは、各アイテムの質感。素材に立体感やディテールがあったほうが、平坦にならず、アイテムごとの白の表情が生きてきます。パンツはタック入りで立体感とリネンの素材感があるもの、ニットはローゲージで立体的な編み地のもの、バッグは厚手のキャンバス地、というふうに。あとは、サングラスやサコッシュで多少弾けても大丈夫!

 
 

コーディネート使用アイテム

 

 

ボーダープルオーバー¥7,500
ロペ マドモアゼル
iLUMINEで購入>

 

パンツ¥28,000
ステュディオス<エムエムアタッチメント>)

 

コットンキャンバス ショッピングバッグ¥4,000
マークスアンドウェブ

 

サコッシュ¥5,500
アダム エ ロペ ル マガザン<ハーシェル>)

 

サングラス¥2,500
アダム エ ロペ ル マガザン

 

スニーカー¥8,000
アダム エ ロペ ル マガザン<NIKE>)

 
 

スタイリスト入江未悠の「今、これが買い!」

 

気温差対策のニットはローゲージ&ホワイト系を

リラックス重視のシーンでは、ジャケットよりも心地よいニットが好まれることも。朝晩は肌寒い今の時期は、ざっくり編まれたローゲージニットを手に入れておきましょう。アイボリーがかった色のときは、アースカラーのパンツとの組み合わせがお似合い。純粋なホワイトのときはパステルカラーのスカートと合わせて。
左から
アイボリー ショートニットカーディガン¥5,900(フーズフーチコ
アイボリー ロングニットカーディガン¥6,900(フーズフーチコ
ホワイトニット/上のコーディネートで使用したものと同じ iLUMINEで購入>

 

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。
※商品の価格や取り扱い状況は撮影時点のもので、変更になることがあります。

スタイリスト写真今週のレッスン担当スタイリスト:入江未悠さん
雑誌『Oggi』『STORY』を中心に活躍しつつ、アクセサリーブランド「REMYU(レミュー)」のデザイナーとしても人気。近著に、コーディネート術からプライベートの着こなしまで網羅し、かわいくなれるヒントが詰まった『TOKYO LADY STYLE:”大人かわいい”おしゃれで幸せになる!』(小学館)がある。インスタはmiyu_irieをチェック!

photo/Daisuke Kusama, text/luminemagazine


ページトップへ