LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > デイリー★コーディネート塾 >
国内旅スタイル #02 明るめカーキジャケットで日本庭園散歩へ | Style

デイリー★コーディネート塾 03/20 更新

国内旅スタイル #02 明るめカーキジャケットで日本庭園散歩へ | Style

ルミネの春トレンドテーマ「Modern Japonism」に合わせて、国内旅のコーデをレッスン! ◆ルミネ池袋より ◆スタイリスト/入江未悠

3月20日(火) モッズコートの進化系を着こなす!

 

海外からの観光客に混じってお寺の庭散策。気持ちよく開放感を味わいたいなら、両手のあくスタイルが最適。シルバーのポシェットにバックパックを背負って、キャスケットをかぶって日差しから肌をガード。カットオフデニムの裾からは足首を、ジャケットの袖からは手首を見せて、こなれ感を出しましょう。

 

このジャケットのような明るめカーキ色、襟元と袖のボリューム感は、旬のエッセンス。流行も心地よさも両方を叶えたカジュアルスタイルで、ゆったりした時間の流れを楽しんで。黒小物でまとめた日は、ボーダートップスは黒以外がおすすめです。

 
 

コーディネート使用アイテム

 

モッズジャケット¥8,900
フーズフーチコ

 

ボーダープルオーバー¥8,800
アダム エ ロペ ル マガザン<オーシバル>)
iLUMINEで購入>

 

カットオフデニムパンツ¥21,000
ビームス<レッドカード×レイ ビームス>)
iLUMINEで購入>

 

キャスケット帽¥5,800
ロペ マドモアゼル<ラ メゾン ド リリス>)

 

バックパック¥8,800
ビームス<バッグンナウン>)

 

ミニショルダーバッグ¥7,500
アダム エ ロペ ル マガザン<マルロン フィレンツェ>)

 

スニーカー¥6,500
バビロン<コンバース>)

 
 

スタイリスト入江未悠の「今、これが買い!」

 

ボリュームカラーが特徴! この春のショートモッズ

ヒップにかかるくらいの“ショートモッズ”が、ただいま大注目。ボリューム感のあるシルエットが多いですが、特に襟元やフードにボリューミーなあしらいをしたものが人気。デニムと合わせてストリートっぽく着てもいいし、ウエストや裾のひもを絞ってスカートに合わせてもOK。夏以外はオールシーズン使えるのも魅力です。
ショートモッズジャケット¥21,000(バビロン
ボーダープルオーバー/上のコーディネートで使用したものと同じ iLUMINEで購入>
デニムパンツ/上のコーディネートで使用したものと同じ iLUMINEで購入>

 

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。
※商品の価格や取り扱い状況は撮影時点のもので、変更になることがあります。

スタイリスト写真今週のレッスン担当スタイリスト:入江未悠さん
雑誌『Oggi』『STORY』を中心に活躍しつつ、アクセサリーブランド「REMYU(レミュー)」のデザイナーとしても人気。近著に、コーディネート術からプライベートの着こなしまで網羅し、かわいくなれるヒントが詰まった『TOKYO LADY STYLE:”大人かわいい”おしゃれで幸せになる!』(小学館)がある。インスタはmiyu_irieをチェック!

photo/Daisuke Kusama, text/luminemagazine


ページトップへ