LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > デイリー★コーディネート塾 >
パープル使い #04 初夏まで着回せる街歩きスタイル | Style

デイリー★コーディネート塾 02/22 更新

パープル使い #04 初夏まで着回せる街歩きスタイル | Style

ルミネが提案中の春トレンドテーマ「HYBRID BLOSSOMS」。花を連想させるパープルを使って旬なコーデに挑戦! ◆ルミネ有楽町より ◆スタイリスト/田沼智美

2月22日(木) 香港弾丸旅はパープル&ブルーコーデで

 

週末に行く香港旅は、パープルからブルー系のグラデーションカラーで全身をコーディネート。帰国後もそのまま初夏まで長く使える組み合わせです。

 

薄パープルのトップスは、日焼けした肌にも合うので、現地で大いに活躍しそう。羽織るデニムジャケットは、ボレロタイプを選んで軽やかに。街を歩くときは、ジャケットの背中側をズルっと引っ張って、うなじや肩を見せる“襟抜き”スタイルにしても素敵。人気復活中のウエストポーチには身の回りのものを、トロピカル柄の巾着バッグには買い物の戦利品を入れて、街歩きを楽しもう。

 
 

コーディネート使用アイテム

 

ショートデニムジャケット¥28,000
シンゾーン<ザ シンゾーン>)

 

ニットタンクトップ¥12,000
スタニングルアー

 

ワイドパンツ¥17,000
マーキュリーデュオ
iLUMINEで購入>

 

サングラス¥25,000
シンゾーン<ギュパール>)

 

ピアス¥1,800
カフェ&ブックス ビブリオテーク<デザインシックス・ロンドン>)

 

ウエストポーチ¥4,600
アーバンリサーチ
iLUMINEで購入>

 

巾着スカーフバッグ¥26,000
トゥモローランド<マニプリ>)
iLUMINEで購入>

 

フラットサンダル¥28,000
トゥモローランド<エーティーピー>)
iLUMINEで購入>

 
 

スタイリスト田沼智美のPICK UP NEWS!

 

旅のポーチやサブバッグは、軽量だけど丈夫が絶対条件!

旅行のとき限定で使うアイテムでも、妥協せずに質・デザインともにこだわれば、滞在時間も豊かな気持ちになれるもの。荷物が増えたときの折りたたみサブバッグ(右)は、軽量なだけでなく、服と相性のいい柄を吟味して。ポーチはビニールコーティングされたものだと汚れもつきにくくて便利。色柄は、滞在先のホテルで広げたシーンをイメージして選ぶのも一案。身につけるものひとつひとつ、丁寧に選ぶ習慣は、物を大事に長く使うことにもつながります。
左上/オレンジポーチ¥6,500
左下/“ソレイアード”コーティングオックス トラベルポーチ¥4,500 iLUMINEで購入>
右/“ソレイアード”コットンオックス ポケッタブルトートバッグM¥4,000 iLUMINEで購入>
(すべてトゥモローランド

 

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。
※商品の価格や取り扱い状況は撮影時点のもので、変更になることがあります。

スタイリスト写真今週のレッスン担当スタイリスト:田沼智美さん
アパレル企業勤務の後、2008年に独立。女性誌を中心にカタログや広告などで活動中。ベーシックなアイテムにカジュアル&モードなエッセンスを取り入れた親しみあるスタイリングが得意。

photo/Daisuke Kusama, text/luminemagazine


ページトップへ