LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > デイリー★コーディネート塾 >
屋外スタイル #03 グランピングに映えるデニム活用術 | Style

デイリー★コーディネート塾 07/19 更新

屋外スタイル #03 グランピングに映えるデニム活用術 | Style

ルミネが提案中の夏トレンドテーマ「Sports in the City」。暑さに負けず、屋外で体を動かす日のスタイルを提案します。 ◆ショップ/ルミネ新宿 ルミネ2より ◆スタイリスト/川上さやか

7月19日(水) キャミワンピースでデニムをアレンジ

 

緑に囲まれた郊外でグランピング体験! コテージやハンモックでのリラックス、ベリー摘みなど、脱日常のシーンに似合うカジュアルは…。

 

ベースになるのは、アウトドアスタイルの定番ともいえる、白Tシャツとデニムスタイル。そこに、カギ編みのキャミワンピースをレイヤード。スポーティとフェミニンがミックスされて、簡単だけど「おしゃれ上級者に見える」テクニックです。アクティブに過ごすなら、キャミワンピは伸縮性の大きいものを選んで。NIKEのロゴが映えるスポーツサンダルやマルシェバッグなど、水や汚れに強い小物を合わせれば、アウトドア上手の称号もゲット!

 
 

コーディネート使用アイテム

 

ロゴTシャツ¥3,700
エミ ウェルネス クローゼット<ザ ノース フェイス>)

 

かぎ編みワンピース¥13,000
エミ ウェルネス クローゼット<エミ ヨガ>)

 

ハイウエストデニムパンツ¥14,000
フレームワーク

 

シンプルキャップ¥13,000
アーバンリサーチ<オーバーヘッド>)

 

マルシェバッグ¥7,000
ラグナムーン

 

スポーツサンダル¥5,500
エミ ウェルネス クローゼット<NIKE>)

 
 

スタイリスト川上さやかのPICK UP NEWS!

 

「太ベルト」or「極細ベルト」、サンダルは二者択一で

夏のアウトドアシーンに欠かせないサンダルですが、室内でも街中でも活用するなら、甲のベルトが太いものか、反対に極細のものか、潔くどちらかを選んで。さらに、レストランやリゾートホテルでも使えるモノトーンは、活用度が広く、コスパ重視派におすすめです。
左から
黒ラバーサンダル¥5,500(ラグナムーン
白ラバーサンダル¥4,500(ラグナムーン
スポーツサンダル/上のコーディネートで使用したものと同じ

 
 

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。
※商品の価格や取り扱い状況は撮影時点のもので、変更になることがあります。

スタイリスト写真今週のお悩み解決スタイリスト:川上さやかさん
洗練されたシンプルなコーディネートを得意とし、女性誌『Oggi』を中心に活躍。会社員だった経験を生かした、リアルな着こなしは通勤スタイルのお手本にしやすいと人気。プライベートの着こなしはインスタグラム sk_120をチェック!

photo/Daisuke Kusama, text/Natsuki Kawaguchi


ページトップへ