LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > ルミネ広告の舞台裏 >
2017年夏広告メイキング~Secret Holidays | Ad Making

ルミネ広告の舞台裏 04/06 更新

2017年夏広告メイキング~Secret Holidays | Ad Making

2017年夏広告メイキング
Secret Holidays

咲いた花に目がいく回数が増え、太陽の光は日に日に力強さを増しています。それだけでわたしたちの心が舞い上がるもの。ファッションでは、夏の準備をはじめる季節になりました。ルミネの今夏のテーマは「Secret Holidays」。たとえば、誰にも言わずふらっと旅に出るような、自由な空気をまとうスタイルのご提案。定番の観光地ではなく、リアルな異文化を体験したり、裏路地なかりを選んで歩いてみたり。そういえば日本に来る外国の方々が「え!? なんでこんなディープなところに?」という姿をよく目にしますよね。異国を自分の感覚で楽しむ。そんなユニークなスタイルが今年の気分かもしれません。

 

 

ペンキで彩られた彩色の街

今回の撮影地は、メキシコのグアナファト。スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築が街の雰囲気を作り上げていますが、街の名前は先住民族の言葉で「カエルのいるところ」だそうです。残念ながら滞在中、カエルとの遭遇はありませんでした…。グアナファトの坂道はゆるやかに見えても、そもそも標高が2000メートル近くあり、のぼり坂は息が切れるひと仕事。現地を歩いてみないと分からない、これも小さな発見です。ユネスコ世界遺産に登録されたカラフルな街並みをぐるぐる歩きながら、アングルを探っていきました。

 

 

モデルのエハラミキさんは、スーパーフレッシュでありがながら、秋冬のコレクションで初ランウェイを経験し、パリではLouis Vuittonにも登場しました。今回のカリブテイストを取り入れたスタイリング。「こんなファッションは、はじめてです~」と言いながら、楽しんで着こなしてくれました。撮影の合間の笑顔には、あどけない可愛らしさがありますが、彼女もプロフェッショナルの坂道を全力で駆け上がっています。

 


 

夢中になって生きられたら

すべての撮影が終わって、グアナファトを一望できる展望台にみんなで登りました。どのあたりで撮影していたかわかりますか? この美しい街にも、人々の生活があり、笑顔があり、涙があり…。当たり前のことですが、自分の肌で非日常の中にある体温を感じてみる。おもしろいことに自分から近づいていくフットワークが必要なのかも知れません。
(コピーライター/尾形真理子)

 

ルミネポスター Secret Holidays

 

尾形 真理子/Mariko Ogata

博報堂 クリエイティブデザインセンター コピーライター 制作ディレクター
おもな仕事に、LUMINE、資生堂、東京海上日動あんしん生命、日産自動車、Tiffany& Co.など。東京コピーライターズクラブ会員。朝日広告賞グランプリ他受賞多数。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』で、小説デビュー。


ページトップへ