LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
変わりゆく八重洲の「変わらない味」 #03 クロアチアの伝統料理を初体験 | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 02/11 更新

変わりゆく八重洲の「変わらない味」 #03 クロアチアの伝統料理を初体験 | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

変わりゆく八重洲の「変わらない味」

#03
クロアチアの伝統料理を初体験
@Dobro

Dobro
変わりゆく八重洲の「変わらない味」の地図

 

洋食そば、と50年以上変わらない味を堪能したピーちゃんと私。過去と未来が交差している八重洲の、いろんな顔を見てきた。そこで気づいたのが、「多国籍」という八重洲の顔。たとえば、日本唯一のクロアチアレストランなんていうのも、ここ八重洲にあるのだ。

 

Dobroの店内

クロアチアの地元の人々が通うカジュアルなレストランをイメージした1階は、ワンプレートランチやアラカルトがいただける。落ち着いた大人の雰囲気の2階は、コース料理がメイン。店内のどこにいても、クロアチア旅行に来た気分が味わえる。

その店の名前はDobro(ドブロ)。2002年日韓ワールドカップ開催時にクロアチア代表の選手と親しくなったオーナーが、その翌年にオープンした店だ。メニューには、パスティツァーダ(牛ホホ肉の赤ワイン煮込み)、シュトゥルクリ(ザグレブ風ラザニア)、ロールキャベツに似たサルマなど、クロアチア名物がずらり。ピーちゃんと私は、冬の定番家庭料理だというサルマをオーダーしてみた。

 

Dobroのサルマ

クロアチアを代表する郷土料理サルマ。ランチのクロアチアセットのメイン料理は、サルマ・本日の鮮魚料理・パスティツァーダ(牛ホホ肉の赤ワイン煮込み)・クロアチアンステーキから選べる。前菜・自家製パン・メイン・ケーキ・コーヒーまたは紅茶付きで1,800円(税込み)。

Dobroのマカロニケーキ

断面が特徴的な名物・マカロニケーキ。その名の通り、チョコレートケーキの中にマカロニが入っている。食感は“ういろう”のようにもっちり。

サルマは、見た目はロールキャベツ。でも、3週間塩漬けしたキャベツを使っているので、発酵による酸味がかなりきいている。このサルマの具(ひき肉とお米)を崩して、添えてあるマッシュポテトと混ぜるのが、クロアチア風の食べ方なんだって。この酸味、食べているうちにクセになるというか、なんとも不思議な魅力がある。

 

オーナーの話を聞いたり、店内の風景画を見たりしているうち、まだ見ぬアドリア海や映画『魔女の宅急便』のモデルになった港町への関心が、むくむくとわいてきた。ピーちゃんいわく、ヨーロッパではクロアチアはポピュラーな観光地だという。美しい景色はもちろん、たったいま虜になったこの味を、本場でも味わってみたいと思った。じゃ、次の旅行先はクロアチアにする? そんな話でピーちゃんと盛り上がったランチタイムでした。(続く)

 

Dobroの真鱈と牡蠣のグラタン仕立てガーリックライス添え

平日のランチは、肉料理を中心としたワンプレートメニューが豊富(税込み1,000円~)。写真は週替わりの魚料理で、真鱈と牡蠣のグラタン仕立てガーリックライス添え。

写真・文/ネネたん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

ドブロ

東京都中央区京橋2-6-14 日立第6ビル1F・2F
Google Mapでみる>
電話:03-5250-2055
営業時間:11:30~14:30(L.O. 14:00)、18:00~23:00(L.O. 22:00)
土日祝は17:30~22:00(L.O. 21:00)
Webサイト:Dobro

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※2017年1月時点の情報です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Junko Yamazaki


ページトップへ