LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
新宿とアートの深い関係の巻 #01 五感を刺激するアートなデザート | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 01/21 更新

新宿とアートの深い関係の巻 #01 五感を刺激するアートなデザート | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

新宿とアートの深い関係の巻

#01
五感を刺激するアートなデザート
@JANICE WONG

JANICE WONG
新宿とアートの深い関係の地図

 

友人の個展に行って以来、アートへの興味がむくむくとわいてきている。かといって美術館に頻繁に行く時間もない…。けど、いつも通っている新宿にだって、調べてみたら感性を刺激してくれそうなスポットが結構あるではないか!

 

JANICE WONG

JR新宿駅ミライナタワー改札を出てすぐにある、デザートバーJANICE WONG。2年連続でアジア最優秀パティシエに選ばれたシンガポール出身のジャニスウォン氏のアートセンスが、店内にも料理にも生かされている。壁に飾られている絵はジャニス本人の作品。

まずは個展成功のお祝いも兼ねて、アーティストの友人を誘ってNEWoManにあるJANICE WONGへ。SNS映えを狙ってか、今はどのレストランもデザートの盛り付けに趣向を凝らしているけれど、JANICE WONGは華やかさと繊細さのバランスが、頭ひとつ抜きん出ている印象だ。しかも、完成するまでの工程すべてを目の前で見ることができるので、食べる前から私たちのテンションは上がりっぱなし。オーナーのジャニスウォンさんは、シェフでありアーティストでもあるのだとか。食とアートの融合にこだわるのも納得だ。

 

JANICE WONGのカウンター席

カウンター席なら、この距離で完成までの一部始終を見ることができる。食材の産地や作り方など、気になることはパティシエに質問して会話を楽しめる。

この日オーダーしたのは、ランチデザートコース(3品)。ん? コース3品ともデザート? と思ったけれど、その構成はかなり工夫されていた。素材をキレイに盛りつけるだけでなく、柑橘類やベリー類、香味野菜、エスニックな風味などが密かに仕込まれていて、とにかく味が奥深い。だから口の中があまったるくなることもなく、最後までおいしくいただける。

 

パティシエの手さばき、皿の上のプレゼンテーション、そしてお味。そのどれもがアートであり、体験したことのない美しさ。それを忘れたくなくて、私は写真を何枚も撮り、隣の友人はアーティストらしく手帳にスケッチをした。それを仲間に送ったり、共有するのはいいけれど、この素晴らしい味と香りを伝えられないのは、もどかしい。こんなふうに、味覚と嗅覚まで刺激されたアートは初めてだ。体の中に残る心地いい余韻を、私はいつまでも楽しんでいた。(続く)

 

JANICE WONGのかぶのサラダ

ランチデザートコースの1品目・かぶのサラダ。タイベリーで色付けしたかぶと春菊に合わせたのは、柑橘系のソース。サラダだけどデザートっぽくもある不思議な一皿。

JANICE WONGのゆずとココナッツのリゾット

コース2品目のゆずとココナッツのリゾット。ゆずの酸味を加えることで、爽やかですっきりした甘さに。3品目のストロベリーブラックフォレストがついて2,500円。デザートに合わせてワインも楽しめる。

JANICE WONGのシトラスキューブ

シーズンメニュー(アラカルト)のシトラスキューブ1,600円。幻の酢みかん“直七”でつくったムース、ゆずのシャーベット、ゆずのパルフェと今が旬のフルーツを使ったさっぱり系の一皿。

 

写真・文/るーさん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

ジャニス・ウォン

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan エキソト 2F
Google Mapでみる>
電話:03-6380-0317
営業時間:11:00~23:00(L.O.コース21:00、デザート22:00、ドリンク22:30)
無休
Webサイト:JANICE WONG

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※表示価格は特記されているものを除き、全て本体価格(税抜き)です。
※2017年1月時点の情報です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Junko Yamazaki


ページトップへ