LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
2017年を占う! 開運女子会の巻 #02 お酒と未来を楽しむバー | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 01/01 更新

2017年を占う! 開運女子会の巻 #02 お酒と未来を楽しむバー | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

2017年を占う! 開運女子会の巻

#02
お酒と未来を楽しむバー
@Carta(s)

Carta(s)

未来は、自分で切り拓くの

2017年を占う! 開運女子会の地図

 

るーさんが占いカフェ&バー燦伍で新年の運勢を占ってもらっている横で、我慢できずに何度か「私も…」と言いかけては、ネネたんに「みーちゃんは次のお店でしょー」と止められていた私。やっと、やっとその時が来た! 私が占ってもらうお店は、西麻布にあるCarta(s)ワインや料理を楽しめるのはもちろん、タロット占いもできるので女性に人気のお店だ。

 

Carta(s)のタロットカード

 

お店に入ると、まさにタロット中! 他のお客さんが占ってもらっていた。イメトレはすでにバッチリ。早くやりたい! はやる気持ちをおさえるために、順番を待っている間に軽く食事をすることにした。このお店では、コシードというスペイン風ポトフが人気らしい。素焼きのポットに入っていて、女性でもポット一台分ぺろりといけてしまうとか。私たちは、そんな人気ポトフにあわせて、グラスワインを注文した。

 

Carta(s)のコシード

コシードは素焼きのポットで運ばれてくる。カップにはパスタが入っていて、ポットのスープを注いでいただく。ワインはグラス750円から。

あつあつのポットからスープだけをカップに注ぐ。その後、おいしそうな湯気につつまれた野菜やお肉たちがごろごろとお皿の上に並べられていく。これ、すっごくおいしい! けど、私が知ってるポトフの味とは何か違うような…。あ、サフランだ! サフランの独特な風味がポトフをひとあじ違うスペイン風に仕上げているのだった。このお店、占いメインというより占いもできる美味しいビストロって感じ!

 

Carta(s)のコシード

大きな野菜にやわらかいお肉。7~8時間煮込んでいるから、味がしみていて美味しい。コシードは1,900円。

食べ終わるころ、いよいよ順番がきた。聞くのはもちろん、2017年の恋の行方! ゆっくりカードをめくりながら、オーナーが私の未来を読み始める。「あなたは人生設計をしっかりするタイプだね。紆余曲折あるけど、その設計通りにいきますよ」…それは素晴らしい1年になる予感! 「ただし。結婚に関しては、まだきちんとお互い向き合いきれてないようですから、それがもとで亀裂を生まないように」な、なんと…! カードによれば、私もテツヤも優等生タイプで、マジメなためにいつも未完成の状態にあるという。お互い未完成だからこそ、しっかり向き合い続けることで2人とも完成されていくらしい。そうか、今まで私だけが気をもんでいるのかと思ってたけど、テツヤも同じなのかもしれない。お互いに向き合うから、お互いの姿が見えてくるんだものね。2人で一緒に、がポイントか…。ふむふむと納得していると、ここでタイムアップ。さて、最後はネネたんの2017年を占いに行きますか!(続く)

 

Carta(s)の看板

西麻布の裏道を入っていくとあらわれる赤いドアが目印。
タロット占い1スプレッド(≒テーマ)3,000円。追加スプレッド1,000円。
「ルミネマガジンを見た」とオーナーに伝えると、特別に1スプレッド2,500円、追加スプレッド500円で診断してくれます!

写真・文/みーちゃん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

カルタ

東京都港区西麻布2-24-1
Google Mapでみる>
電話:03-6427-9397
営業時間:19:30~翌2:00 ※ランチやほかの時間も応相談
定休日:不定休
Webサイト:Carta(s)

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※表示価格は特記されているものを除き、全て本体価格(税抜き)です。
※2016年12月時点の情報です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Yurika Mori


ページトップへ