LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
私たちのクリスマス★の巻 #03 手づくりのぬくもり | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 12/24 更新

私たちのクリスマス★の巻 #03 手づくりのぬくもり | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

私たちのクリスマス★の巻

#03
手づくりのぬくもり
@フルラージュアン新宿本店

フルラージュアン新宿本店

世界でひとつのスワッグづくり

私たちのクリスマス★の地図

 

いよいよクリスマス。街中の装飾にわくわくする私。一方で、この時期いつもホームシックを感じているフランス人の彼氏、ピーちゃん。そう、フランスではクリスマスといえば家族と過ごす祭日。イルミネーションを楽しむいつものデートコースもいいけど、今年はおうちでまったり過ごすクリスマスにしよう。早速、彼がアットホームに感じられる装飾を求めて、ルミネ新宿フルラージュアンへ行ってみることに。

 

フルラージュアン新宿本店

出入り口が3つもある本店。お店の外にもお花が広がり、忙しい駅内を少しゆっくりに感じさせてくれる。

JR新宿南口の改札を出て、人混みを抜けた先にはフローラルな世界が現れる。今の時期、真っ赤なポインセチア、モミ枝やかわいらしいリースが盛りだくさん。店内に進むと見慣れない装飾を発見。それは、ドライフラワーのブーケを逆さにしたようなアレンジメント。「スワッグ」と書いてある。お店の人に聞いてみると、ドイツ語で「壁飾り」を意味するそうで、ヨーロッパではリースと並ぶほど人気。しかも、誰でも簡単につくれるのだとか。

 

ルラージュアン新宿本店のスワッグ

完成されたスワッグ(2,500円)も販売。コンパクトだからお部屋に飾るのにちょうどいい。

ルラージュアン新宿本店の店内

クリスマスカラーに染まっている店内。他にもリースやスノードームなど、かわいい装飾がいっぱい。

よし、ネネ流のスワッグをアレンジしてみよう! と、手づくりにチャレンジすることを決意したところで、お店の人が大事なポイントを伝授してくれた。「ドライフラワーに向いているお花を選ぶことで、スワッグを長く楽しめますよ」。ふむふむ。アドバイスを受けながら、乾燥したらアンティーク風になる赤いバラ、コットン、ユーカリやジェイドパールなどを重ね、最後にゴールドに塗られた松ぼっくりと赤い木の実をプラス。枝をアレンジしやすい長さに切ってくれるから、後はおうちで自由に組み合わせて、好きなリボンで束ねるだけ。さて、装飾がそろったところで、まっすぐ帰ろう! サプライズ好きのピーちゃんだから、きっと喜んでくれるはず。「僕の居場所はネネのそば」とつぶやく彼を想像しながら、心がポッと温まる。結局、フランスでも日本でも、大切な人と過ごすのがクリスマス! …けど来年はパリもいいかも? と、妄想を膨らませながら、駅の改札へと足を進めたのであった。(続く)

 

ルラージュアン新宿本店のクリスマスの置物

サンタ、スノーマン、トナカイの置物(各1,000円)。それぞれ顔が違うから、買うときにみんな悩むのだとか。

ルラージュアン新宿本店のスノーマンとスワッグで飾り付け

一目惚れしたスノーマン♡ 手づくりのスワッグと一輪挿しでお部屋が一気に華やかに!

 

写真・文/ネネたん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

フルラージュアン新宿本店

東京都新宿区新宿3-38-2 ルミネ新宿 ルミネ2 1F
Google Mapでみる>
電話:03-3346-8122(新宿本店/ルミネ新宿 ルミネ2)
03-3346-0585(ルミネ新宿 ルミネ1店)
営業時間:10:00~22:00
定休日:ルミネ新宿に準じる
Webサイト:Fleurage un

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※表示価格は特記されているものを除き、全て本体価格(税抜き)です。
※2016年12月時点の情報です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Aya Hamada


ページトップへ