LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
NEWoManで賢いボーナスの使い方の巻 #03 センスがキラリ! お守りジュエリー | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 12/10 更新

NEWoManで賢いボーナスの使い方の巻 #03 センスがキラリ! お守りジュエリー | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

NEWoManで賢いボーナスの使い方の巻

#03
センスがキラリ! お守りジュエリー
@ESTNATION

ESTNATION

今年もよくがんばりました◎

NEWoManで賢いボーナスの使い方の地図

 

ボーナスの賢い使い方を模索しながら、コートを下見した私。せっかく奮発するんだもの、やっぱり特別感のあるジュエリーなんかもみておきたいなぁ。そう思って向かったのは、セレクトショップのESTNATION(エストネーション)

 

ESTNATIONの外観

洋服から小物まで、様々なこだわりのアイテムがセレクトされている。

せっかく自分のために買うなら、飽きがこず長く使えるものがいい。そう思いながら、華やかなジュエリーが並ぶショーケースを眺め、ふとケースの一角に引き寄せられた。それはHIROTAKAというブランドのコレクション。NEW YORKのSOHOから始まったというこのブランド。ここESTNATIONには、ネックレス、リング、ピアスなどが揃っているが、どのアクセサリーにも共通して言えるのが「シンプルだけど個性的なデザイン」。やりすぎない華やかさ。そこに心地よさを感じた。

 

“ダイヤモンドバーネックレス”

ダイヤモンドのロングバーがこなれ感のあるネックレス。
10Kイエローゴールドとダイヤモンドの“ダイヤモンドバーネックレス”58,000円。

例えば、このネックレス。決して派手ではないのだけど、トップのバーにあしらわれたダイヤモンドの輝きが、確かな特別感を漂わせている。さらっと普段使いできる感じがまさに「お守りアクセサリー」という感じ。普段はこのネックレスをつけて、夜に予定のある日は、さらにお揃いデザインのリングをセットでつけたりなんかして。イメージがふくらんできたぞ。

 

“ダイヤモンドバーネックレス”と“ダイヤモンドバーリング”

上の写真でも紹介した“ダイヤモンドバーネックレス”(左)と同じシリーズの“ダイヤモンドバーリング”58,000円。

華奢なデザインがほとんどなので、リングやネックレスを重ね付けができるのもこのHIROTAKAのポイントらしい。あれと、これと、それを組み合わせて…ショーケースにかじりつきながら妄想がとまらなくなってきた。こうやって、組み合わせていろいろ遊べるのは楽しい。今回のボーナスでまずひとつ購入して、ちょっとずつコレクションを揃えていくという長い楽しみ方もできるし。

 

HIROTAKAのコレクション

HIROTAKAのコレクション。これだけ種類が揃っているのは、日本では珍しい。

同じくHIROTAKAのピアスもチェック。ピアスもHIROTAKAには他にはないデザインが豊富に揃っている。その中でも私が気に入ったのが、大きめのパールが印象的なもの。これなら、パーティーシーンから、オフィスまで毎日のように使えそう。

 

パールフローティングオーバルピアス

パールフローティングオーバルピアス68,000円。

ここまでコート、ジュエリーと見てきたわけだけど、だいぶ頭の中の「ボーナスの使い道候補リスト」がいっぱいになってきた。でも、やっぱりずっと身につけられるものっていいな。ジュエリーをみてそう思った私。よし、じゃあ最後に「肌身離さずつけられる」をコンセプトに、もうひとついってみよう! (続く)

 

写真・文/るーさん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

エストネーション

東京都渋谷区新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿3F
Google Mapでみる>
電話:03-5361-8533
営業時間:11:00~22:00
定休日:ニュウマン新宿に準じる
Webサイト:ESTNATION

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※表示価格は特記されているものを除き、全て本体価格(税抜き)です。
※2016年11月時点の情報です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Kyoko Nukui


ページトップへ