LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
NEWoManで賢いボーナスの使い方の巻 #01 まさに主役級! アートな靴 | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 12/03 更新

NEWoManで賢いボーナスの使い方の巻 #01 まさに主役級! アートな靴 | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

NEWoManで賢いボーナスの使い方の巻

#01
まさに主役級! アートな靴
@’eir

'eir

今年もよくがんばりました◎

NEWoManで賢いボーナスの使い方の地図

 

いよいよボーナスの季節がやってきた! 相変わらず仕事は全力でがんばったし、おまけに後輩の教育係としても奮闘した一年。今年は去年以上によくがんばったな…。よし! 2016年の私にごほうびを。そして2017年の私に投資をしよう! …まだボーナスはもらってないけど、善は急げ。仕事帰りの足でそのままNEWoManへ向かう。 というのも、ここはちょっぴりラグジュアリーな価格帯のセレクトショップが揃っている。まさに自分用に少し背伸びしたこだわりの一品を探すにはぴったりのスポット! 意気揚々とNEWoMan2Fのドアを開け、まず向かったのは普段から気になっていたお店。その名も、インポートシューズショップ‘eir(ゼア)

 

'eirの店内

まるで美術品のようなデザイン性のある靴が並ぶ店内。

ここは世界中にいる靴のクリエイターたちが作った、デザイン性の高いモノが揃っている。以前から私もよく前を通っては、もはやアートと言っても過言ではない美しい靴たちに憧れを抱いていた。店内に入り、まず目に入って来たのは、なんとも珍しいカラーのパンプス!

 

ニコロ ルッソのパンプス

ニコロ ルッソのパンプス31,000円。花嫁のウエディングシューズとしてもオススメ。

孔雀が羽を広げたときのような色合いとインパクト。全体にラメがかっていることもあり、この唯一無二の華やかさはこれからのイベント繁忙期に活躍しそうだ。この靴、ニコロ ルッソというブランド。バイヤーがイタリアのミラノでみつけた、ナポリ発のブランドで、日本ではまだほとんど出回っていないらしい。まさに、注目の新ブランド! …う~ん、ますます魅力的! 物欲指数がアガる私。

 

“ピーター ノン”のウエッジソールブーツ

シープのリアルファーで覆われた“ピーター ノン”のウエッジソールブーツ72,000円。イタリア人のカップルが営むファクトリーブランド。

つづいて目に入ってきたのは、なんともあったかそうな、全体がシープのリアルファーで覆われたモコモコのショートブーツ。これはピーター ノンというイタリアのブランドのもの。靴底が登山用にも使われていた、丈夫なラバーソールなので、歩きやすいそうだ。この手のファッション性の高い靴は、歩きづらいものが多い。オシャレな上に履きやすいとは…。 どうしよう、全部欲しい! そう思いながら店内を回っていると、ひときわオーラを放つ1足を見つけてしまった。

 

サルトルのバックベルトショートブーツ

サルトルのバックベルトショートブーツ90,000円。

それは、世界一美しいとよく雑誌で紹介されているブランド、サルトルのショートブーツ。決して派手なものではないのだが、シンプルな上質感が伝わってくる。確かに形が本当にエレガント。一生ものの靴を買うって手もあるな。そこまで真剣に悩んで、まだ靴しか見ていないことに気がついた。よし、これはこれで候補リストにとどめつつ、悔いのないボーナスの使い方、してやろうじゃないの! 私はつぎの下見へと向かった。(続く)

 

写真・文/るーさん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

ゼア

東京都渋谷区新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿2F
Google Mapでみる>
電話:03-6380-0337
営業時間:11:00~22:00
定休日:ニュウマン新宿に準じる
Webサイト:‘eir

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※表示価格は特記されているものを除き、全て本体価格(税抜き)です。
※2016年11月時点の情報です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Kyoko Nukui


ページトップへ