LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > デイリー★コーディネート塾 >
今週のレッスン:デニムの着こなしバリエーション(ルミネ新宿)

デイリー★コーディネート塾 09/28 更新

今週のレッスン:デニムの着こなしバリエーション(ルミネ新宿)

“切りっぱなし”“パッチワーク”などの新トレンドが見逃せない、この秋のデニム。新鮮な着こなし・はきこなし術をルミネ新宿のアイテムを使ってご紹介!(スタイリスト/入江未悠)

9月28日(水) インディゴトップスできちんともトレンドもGet!

 

仕事で打ち合わせをした後に、インディーズバンドのライブに直行。1日の中で、きちんと感もトレンド感も欲しい…。そんな一人二役を演じる日は、インディゴデニムのトップスを頼りに乗り切りましょう。

 

ウォッシュがかかってない濃紺は、デニムならではのワイルドさはなく、ネイビーのニットを着るような感覚でコーデが可能。さらに濃紺のトップスのメリットは、白目がクリアになり、眼差しがシャープに見えます。そんなきちんと色が強いデニムトップスに合わせるボトムは、この秋大ブーム間違いなしのベルト付きのワイドパンツ。迷うことなくトップスをインして、ベルトをキュッと締めれば、デキる&女らしいを叶えたスタイルの完成。ファー付きのスリッパで足元にトレンドを取り入れれば、ライブシーンにもハマる、旬顔デニムスタイルへとフィニッシュ!

 
 

コーディネート使用アイテム

 

デニムノースリーブプルオーバー¥32,000
オープニングセレモニー<マルケスアルメイダ>)

 

ベルト付きワイドパンツ¥48,000
オープニングセレモニー<タロウホリウチ>)

 

レース柄クリアバッグ¥25,000
オープニングセレモニー<マメ>)

 

ファー付きスリッパ¥62,000
オープニングセレモニー

 
 

スタイリスト入江未悠のPICK UP NEWS!

 

こなれ感を出すなら、カットオフデニムで!

昨シーズンあたりから、裾に切りっぱなしの処理を施したデニムが続々登場。裾がカットオフになっているだけで、デニムのハードさを払拭してくれます。ニットやシャツなどシンプルなトップスに合わせるだけで、海外モデルの普段着っぽい、こなれた雰囲気が楽しめます。
デニムノースリーブプルオーバー/上のコーディネートで使用したものと同じ
左/デニムパッチワークスカート¥30,000(オープニングセレモニー<アカネウツノミヤ>)
下/デニムストライプスカート¥38,000(オープニングセレモニー<マメ>)

 
 

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。
※商品の価格や取り扱い状況は撮影時点のもので、変更になることがあります。

スタイリスト写真今週のお悩み解決スタイリスト:入江未悠さん
「大人かわいい」をテーマに、上品でまねしやすいスタイリングが大人気。『AneCan』を中心に活躍しつつ、アクセサリーブランド「Myu by phoebe (ミュー バイ フィービィー)」のデザイナーとしても活動中。プライベートの着こなしを紹介するブログも好評。
近著に、コーディネート術からプライベートの着こなしまで網羅し、かわいくなれるヒントが詰まった『TOKYO LADY STYLE:”大人かわいい”おしゃれで幸せになる!』(小学館)があり。

photo/Daisuke Kusama, text/Natsuki Kawaguchi


ページトップへ