LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
品川でめぐる大人エンタメの巻 #03 THE二の腕に効くスポーツ! | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 09/17 更新

品川でめぐる大人エンタメの巻 #03 THE二の腕に効くスポーツ! | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

品川でめぐる大人エンタメの巻

#03
THE二の腕に効くスポーツ!
@Rockyボルダリング 品川店

Rockyボルダリング 品川店

はじめての後輩ができました

品川でめぐる大人エンタメの地図

後輩田中くんとめぐる品川取材。次の取材先は、ボルダリングジムRocky
品川でボルダリング!? そう思うかもしれないが、何を隠そうここは国内最大級のボルダリングジム。これからますます話題になるであろうこのスポーツは、今回どうしても取材したかった!

 

Rockyボルダリング 品川店のジム内

ジム内。手前にあるのはRockyが特許をとっている球体型の壁。

ボルダリングとは、決められた石だけを使い壁を登っていくスポーツ。触れていい石は難易度で分かれており、テープの色で区別する。一通り取材を終えると、すぐさまボルダリングシューズに履き替えだした田中くん。「漢方ミュージアムで教えた“自ら体験することの大切さ”が、もう身についてるじゃない! 」後輩のひとつ学んだ姿に感心しつつ、私もさっそく初心者コースに挑戦! 石をホールドする腕がぷるぷる…。これは二の腕に効きそう! 初心者コースを示すテープのついた石を探し、黙々と登っていく。

 

Rockyボルダリング 品川店でレンタルできるボルダリングシューズとチョーク

ボルダリングシューズとチョークはレンタル可能。シューズは足の指が曲がるくらいがちょうどいいサイズ。長時間履き続けるのは辛いので、適度に脱ごう。

おや、初体験なのに意外と登れるではないか! 「見たか、後輩よ! 」そう思いながら、ふと隣を見る。するとずいぶん手慣れた様子で登っていく後輩の姿。Rockyの特徴である球体型の壁や、160度の壁なんかもお手の物。しかもそれ結構難易度高いテープなんですけど…。呆然としている私に「実は大学時代からやってたんです」と田中くん。もーはやく言ってよ! 心の中で思わず後輩につっこむ私。

 

Rockyボルダリング 品川店の壁一面の岩

テープの色で難易度が分かれている。いちばん易しいのは黄色いテープ。「S」と書いてあるのは、ここからスタートということ。ゴールには「G」の文字が。

それにしても、壁一面の岩。聞けば180コースほどあるとのこと! しかも数ヶ月に一度はすべてのホールドをはずした上で新しくコースを考え、今までひとつとして過去と同じコースがないとか。また、このジムではお客さま自らがコースを考案できる壁なんかもある。どんどん新しいコースができて、決して飽きることがない。…これは人気なワケだわ!

 

Rockyボルダリング 品川店のコースがまとめられているファイル

お客さまが考案したコースがまとめられているファイルたち。

すかさず後輩に、「読者を飽きさせないためにも、ベストに満足しちゃダメ。企画者たるもの、常に新しいものを取り入れていくのよ! 」と、まっすぐ田中くんを見つめ私なりの仕事道を教えてはいたが、意外とたくましい田中くんの腕に少しココロがフラついていたのはここだけの話とする。(続く)

 

Rockyボルダリング 品川店のジム内

都内最大級のこのジムは敷地面積160坪。水曜日はレディースデーなので、お得に初体験してみては?

 

写真・文/るーさん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

Rockyボルダリング 品川店

東京都港区港南5-4-38 松岡品川埠頭ビル103
Google Mapでみる>
電話:03-6712-9538
営業時間:10:00~23:00
定休日:なし
Webサイト:Rockyボルダリング 品川店

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※表示価格は特記されているものを除き、全て本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Kyoko Nukui


ページトップへ