LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
奥渋でセンスフルな生き方を知るの巻 #03 感性がキラリ☆オシャレ盆栽 | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 09/03 更新

奥渋でセンスフルな生き方を知るの巻 #03 感性がキラリ☆オシャレ盆栽 | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

奥渋でセンスフルな生き方を知るの巻

#03
感性がキラリ☆オシャレ盆栽
@NEO GREEN

NEO GREEN

奥深いから、追いたくなるの

奥渋でセンスフルな生き方を知るの地図

ネネたんとのがっつり女子トークを終え、恋人の前で飾らない自分を出すことにもポジティブになれてきた私。彼氏のピエールに呼び出されたネネたんを見送ったあとも、せっかくなので奥渋の散策を続行することにした。すると、井の頭通り沿いに緑にあふれたお店「NEO GREEN」を発見! 植物たちのいきいきとした力をもらおうと、店内をのぞいてみることにした。

 

NEO GREEN

井の頭通り沿いに突如あらわれる緑あふれた空間をもつお店。切り花ではなく、鉢植えを中心に扱っている。

入ってみると、いちばん目を引くのが、なんと盆栽! …あれ? 盆栽ってこんなにおしゃれだっけ? センスの良い色使いの陶器におさまったさまざまな植物たちは、いちょうにもみじ、かえで、松…! お値段もさまざまで、お高いものから手に取りやすいものまで色々ある。見たこともないラインナップに興味深々になっていると、お店の人が声をかけてくれた。「盆栽は、紅葉や落葉もあって四季の変化を感じられるし、切り花と違って長く付き合えるのがいいところなんですよ」

 

NEO GREENの店内

本を扱っているのもNEO GREENの特長。植物たちから気づきをもらうというテーマで集められた本で、国立新美術館ミュージアムショップのスーベニアフロムトーキョーなどを担当したブックディレクターの方によるセレクト。

長く付き合える…そう言われて、テツヤを思い出す。海外出張から帰ってきた時に、おつかれさまのプレゼントを用意したら喜んでくれるかな? いや、やりすぎると重い女か…? でも、気が利く女っていう演出にはなるし…。なんて思考をめぐらせながら、はっとした。私、また計算しちゃってる。

 

NEO GREENの葉っぱの形のレターセット

実寸をもとにした、葉っぱの形のレターセット(税込み1,404円~)メッセージを書いて折りたたむと、封筒になる仕掛け。「葉書」の文字通り、葉は昔から想いを届けるための道具だったことに気づかされるとても素敵なアイテム。

ネネたんとピエールのアドバイスが頭をめぐる。ありのままの自分でいることが大切なんだった。テツヤの笑顔が見たいんだから、そのためにできることをすればいいんだ。そう思い直して、忙しい彼を癒せるように、とオフィスでも邪魔にならないサイズのドングリポットの鉢を購入。ドングリから伸びる双葉は、2人のはじまりを表しているかのよう。個性的で、自分らしい素敵なプレゼントをゲットしてるんるん気分で渋谷駅に向かうも、あの人混みを通り抜けるのに気が引けて、道玄坂上の方から帰ることにした。すると道すがら、おしゃれなバルが目に入る。調べてみると、意外にも和食だ。テツヤのおかえりなさいデートはここにしようか…?

 

NEO GREENのドングリポット

人気商品のドングリポット(税込み1,620円)は、都会にいても、いのちの芽吹きを教えてくれる。種の姿、芽吹く姿、のびゆく姿、落葉して枝だけになった姿…様々な植物の美しさや力強さを感じられるのが、観葉植物とはひと味違う、盆栽たちの魅力。

 

写真・文/みーちゃん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

NEO GREEN

東京都渋谷区神山町1-5 グリーンヒルズ神山 1F
Google Mapでみる>
電話:03-3467-0788
営業時間:12:00~20:00
定休日:年中無休(12/31~1/3のみ休業)
Webサイト:NEO GREEN

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※表示価格は特記されているものを除き、全て本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Yurika Mori


ページトップへ