LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
町田で癒し系!? メンタルリフレッシュの巻 #02 新発想フォンデュで味覚リフレッシュ! | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 08/14 更新

町田で癒し系!? メンタルリフレッシュの巻 #02 新発想フォンデュで味覚リフレッシュ! | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

町田で癒し系!? メンタルリフレッシュの巻

#02
新発想フォンデュで味覚リフレッシュ!
@天忠

天忠

町田ってどんなまちだ?

町田で癒し系!? メンタルリフレッシュの地図

自分の下に後輩がつくらしいとのウワサを耳にし、仕事のモチべーションが右肩あがりの私。未知なるスポット町田で自己研鑚の取材中なのだが・・・。リス園を後にした途端、ぐぅ~っ! 私のお腹の小動物も鳴きだした! そこでお待ちかねのランチタイム。そう、こういう時も気を抜いてはいけない。気になるお店は取材交渉済み! そのお店では、なんとアレをフォンデュにしちゃうらしい!

 

天忠の焦がし醤油フォンデュ 近江逢盛り合わせ

焦がし醤油フォンデュ 近江逢盛り合わせ2,030円(税込み)。赤こんにゃく・鮪・白身魚・国産和牛・もち豚・季節の野菜を醤油屋ならではのコク旨みソースに絡めていただく。お醤油ソースがぶくぶくしてきたら、食べごろ。

やって来たのは、天忠というお醤油屋さんが営むお食事処。席について、メニューを見てみる。ずらっと魅力的なメニューが並ぶ中、ひときわ目をひく「焦がし醤油フォンデュ」の文字。コレがアレ! 世にも珍しいお醤油のフォンデュなのです! やってきたそれは、火をつけた途端、お醤油のいい香りがふわ~っ。た、たまらん…! ぶくぶくぶくと沸騰している感じは、お醤油の活火山のよう! さっそく具材の白身魚を活火山にドボン! 太陽の下、汗をかきまくったカラダは塩分を欲している。3種類のお醤油をブレンドしたコクのあるソースに、白身魚をしゃぶしゃぶ…、プリプリした魚に、グラグラ煮えたぎったソースを絡めたこの組み合わせ! なんてベストカップルなの…? まさに、美味しさが噴火状態

 

天忠の3種類の醤油をブレンドした秘伝ソース

日本一しょうゆの一番しぼり醤油・木桶溜り醤油・醤油もろみの3種類をブレンドした秘伝ソース。お醤油の良さを知り尽くしている醤油屋だからこそ生み出すことのできたメニュー。

それにしても、このバラエティに富んだ具材。肉に野菜に魚にコンニャクまで、なんとも豪華である。気になって店員さんに聞いてみると、最初は海鮮と野菜だけだった具材が、お客さまリクエストでどんどん増えていったそう。お客さまの声に誠実に耳を傾け、それを取り入れる。自分の意見だけ言うのは簡単だけど、人の意見をちゃんと取り入れるのって実は難しい。私も後輩の意見をちゃんと聞けるだろうか…? お醤油フォンデュという新しいアイデアと、お客さまの新しいアイデア。このアイデアの掛け合わせで創りだされた美味しさの奇跡に刺激を受けつつ、私は次のスポットへと向かった。

 

天忠

「日本一しょうゆ」を醸造する岡直三郎商店が、「原料から製法にまでこだわった木桶仕込・天然醸造醤油の風味の良さや違いを味わってほしい」という想いから、開店。焦がし醤油フォンデュのほかにも、めんつゆにこだわったうどんなど、自慢の醤油料理の数々が並ぶ。

天忠の醤油フォンデュの〆の俵ごはん

ソースが煮詰まってきたら、〆に俵ごはんがオススメ。アツアツの焼きおにぎりのような感覚で、ソースが最後まで楽しめる。ひと口サイズなのが、女子にはウレシイ。

 

写真・文/るーさん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

天忠

東京都町田市中町1-3-4
Google Mapでみる>
電話:042-739-1303
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)
17:00~22:30(L.O.21:30)
定休日:無休 ※年末年始除く
Webサイト:天忠(岡直三郎商店)

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

※表示価格は特記されているものを除き、全て本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Kyoko Nukui


ページトップへ