LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
湘南で恋する乙女のまぶしい夏の巻 #03 暗やみで灯る恋のろうそく❤ | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 07/23 更新

湘南で恋する乙女のまぶしい夏の巻 #03 暗やみで灯る恋のろうそく❤ | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

湘南で恋する乙女のまぶしい夏の巻

#03
暗やみで灯る恋のろうそく❤
@江の島岩屋

江の島岩屋

クラクラするのは夏のせい? それとも…

湘南で恋する乙女のまぶしい夏の地図

中津宮のおみくじで大吉を引いて浮かれていると、「岩屋にも行く? 」とテツヤ。波に削られてできたという岩屋は島の奥にあり、意外と遠いので行こうと思ったことすらなかった。自分ひとりでは体験できないことができるのも彼のおかげかも…なんて思いつつ道を進むと、そこには自然からの素敵なサプライズが! 地面が割れたかのような「山ふたつ」の絶景だ。テツヤの提案で記念撮影をしたが、遠く離れた山ふたつのように2人の距離はぎこちなく…(左側の山も見切れてしまった汗)。でも、写真にうつる2人はとてもリラックスした笑顔。この距離、もしかしたら縮めていけるかもしれない…?

 

江の島岩屋の山ふたつ

江の島を引き裂くような断崖絶壁が相対する「山ふたつ」。左側にも、右のような切り立った崖がそびえ、自然に切り取られた風景が美しいフォトスポットになっている。

海岸沿いを進むと、ぱっくりと口を開けた洞窟が見えてきた。これが岩屋か。入口から涼しい風が吹き出していて、汗ばんだ首筋に気持ちいい。資料ギャラリーを抜けて、いよいよ岩屋へ。

 

江の島岩屋

江の島岩屋は古くから親しまれてきた景観で、歌川広重などの浮世絵などにも描かれているほど。浮世絵などの資料は入口すぐのギャラリーで見ることができる。

手渡されたろうそくを頼りに、ひんやりした暗い道を歩く。かすかな海のにおいと、ごつごつした岩肌。こんなに面白いスポットだなんて知らなかった。それに、ろうそくを持って進むのは肝試しみたいでドキドキする。テツヤとの距離も自然と近くなって…。

 

江の島岩屋の第一岩屋

岩屋内の一部は、江の島にふった雨水が滴る大空間になっている。第一岩屋と第二岩屋に分かれ、第一岩屋ではろうそくをもって進む。入洞料は、おとな500円、こども200円。(いずれも税込み)

江の島ならではのモチーフが描かれているろうそく

ろうそくの囲いには可愛らしい絵が描かれている。全部で3種類あり、亀、龍神、弁天様と、いずれも江の島ならではのモチーフ。ひとりひとつ持って進もう。

岩屋の奥にはさっき行った江島神社発祥の地があり、小さな社が祀られていた。約千五百年の歴史に思いをはせていると、他のお客さんにぶつかってしまった。すかさずテツヤが「すみません」と謝り、「転んだら危ないよ」と私の手を引いて歩き出す。ドキっとしたのもつかの間、大きくて温かい手にふしぎと安心してしまう。私はこの人に守られている、そんな気すらしていた。

 

第一岩屋と第二岩屋

左が第一岩屋の入り口近く。右は第二岩屋へのびている外通路。江戸時代、さまざまな絵師がこの風景を浮世絵にした。

岩屋見学を終えると、もう太陽が傾いていた。私たちは手をつないだまま、ゆっくり歩いて駅へと向かった。でも、改札を通るときに手が離れ、そのままモノレールへ。
手をつないだことには一切触れず、今日の思い出話だけに花が咲く。もっといっしょにいたいと思ってるのは私だけなのかな…と切なくなってきたその時、「ねぇ。まだ時間あるよね? 」とテツヤ。え、この気持ち、見透かされた…? 私がうなずくのと同時に、モノレールは大船駅に到着した。(続く)

 

写真・文/みーちゃん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

トーキョースポット

江の島岩屋

神奈川県藤沢市江の島2-5
Google Mapでみる>
お問い合わせ:0466-22-4141(藤沢市観光センター)
営業時間:9:00~17:00
※日によって営業時間が異なるため、詳細はHPをご覧ください。
Webサイト:江の島岩屋
※8月11日(木・祝)~14日(日)は混雑のため手燭(ロウソク)の貸出を中止します。
※台風など荒天の際は、閉鎖または営業時間を変更する場合があります。

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 

撮影協力/湘南藤沢フィルムコミッション
illustration/Mai Takewaki
photos&text/Yurika Mori


ページトップへ