LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
湘南で恋する乙女のまぶしい夏の巻 #01 まっしろなしらすがまぶしくて❤ | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 07/16 更新

湘南で恋する乙女のまぶしい夏の巻 #01 まっしろなしらすがまぶしくて❤ | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

湘南で恋する乙女のまぶしい夏の巻

#01
まっしろなしらすがまぶしくて❤
@とびっちょ本店

とびっちょ本店

クラクラするのは夏のせい? それとも…

湘南で恋する乙女のまぶしい夏の地図

池袋のカフェで自分と向き合ってはっきりした。私は、何度かデートしている外資系金融マンのテツヤのことを、もっと知りたいと思っている。とはいえ、デート慣れしていそうな相手に自分から連絡していいものか迷っていると、テツヤからLINEが! しかもデートのお誘い。行き先は…湘南・江の島! ここにきて定番のデートスポットを指定してくるテツヤの真意を見極めようと、私は挑むような気持ちでOKした。

 

とびっちょ本店

江の島弁天橋をわたってすぐ左の道沿いにある。平日でもオープンと同時に行列ができる人気店。湘南ならではの生しらすはもちろん、新鮮なしらす料理を楽しめる。

いよいよデート当日。湘南といえば海鮮でしょ! ということで、テツヤが人気店のしらす問屋とびっちょ本店に案内してくれた。しかし、お店は大行列! あ然とする私に「大丈夫、予約してあるから」と余裕のテツヤ。で、デキる! 快調なすべり出しを見せた湘南デートに胸が高鳴る。おなかも鳴る。ん? しまった! おなかを抑える私に、「おれも鳴った(笑)」と笑うテツヤ。なんて優しい嘘なの…!
私は名物の「釜揚げしらす丼」、テツヤは一番人気の「とびっちょ丼」と「しらすのかき揚げ」を注文した。運ばれてきた大きな丼ぶりのふたを開けて、思わず二人で歓声をあげる。

 

とびっちょ本店のとびっちょ丼

一番人気のとびっちょ丼。国産米をつかった酢飯と大ぶりで新鮮な海鮮のマリア―ジュはご想像の通り。しらすの卵焼きや煮アナゴ、生桜エビが入っているのが珍しい。(入荷状況によって内容が変わるときがあります。)単品1750円(税込み)。

とびっちょ本店の釜揚げしらす丼

こだわりの釜揚げしらすがふんだんに使われたまっしろな丼ぶり。卵と特製ポン酢をまぜてかけるのがとびっちょ流。醤油よりもマイルドな味付けになり、しらすのおいしさが引き立つ。単品890円(税込み)。

釜揚げしらす丼には、輝くばかりに真っ白なしらすがたっぷり盛られていた…! 口に入れると、一匹一匹が大きくてやわらかく、ふわっとしている。なんでも、静岡から毎朝取り寄せているこだわりの品らしい。店員さんによると、富士山のおいしい水が流れ込む海で育ったしらすを、これまた富士山の水でゆでると、塩味がやさしくなって味が引き立つのだとか。ふと見ると、テツヤが大きなかき揚げを切りわけてくれていた。こういう心遣いができる男がモテないわけがない。悶々としながらかき揚げを食べると、添えられたしょうが・大根おろし・釜揚げしらすの効果で予想外にさっぱりした味に驚く。「いい顔するね」テツヤが私を見て笑う。あなたといるからかもね、なんて小悪魔的なことを返す余裕はなかった。でも、小さなこの島で本当の恋を探す旅が始まったことは、しっかりと感じていた。(続く)

 

写真・文/みーちゃん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

とびっちょ本店のかき揚げ

しらすと野菜がたっぷりでボリューム満点のかき揚げは、顔ほどもあろうかという大きさ。サクサクと食べ進められるが、薬味といただくとさらにさっぱりしていて食べやすい。単品850円(税込み)。

トーキョースポット

しらす問屋とびっちょ本店

神奈川県藤沢市江の島1-6-7
Google Mapでみる>
電話:0466-23-0041
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:不定休
Webサイト:とびっちょ 本店
優先順番予約のページはこちら

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Yurika Mori


ページトップへ