LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
赤坂で大人の涼を楽しむの巻 #03 知的に涼! 大人の肝試し | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 07/09 更新

赤坂で大人の涼を楽しむの巻 #03 知的に涼! 大人の肝試し | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

赤坂で大人の涼を楽しむの巻

#03
知的に涼! 大人の肝試し
@紀伊国坂

紀伊国坂

夏は、冷たくされたいの

赤坂で大人の涼を楽しむの地図

うだるような暑さの中、ひょんなことから同級生の広告マン、ケンタと赤坂で冷麺からのかき氷へとハシゴした私(仕事スランプ真っ最中)。いつの間にか日も傾き、暑さも少し和らいできた。ちょっと食べ過ぎたね、と腹ごなしに2人で赤坂を歩いていると、坂に出くわした。

 

紀伊国坂

赤坂見附の駅から首都高沿いに四ツ谷方面へ歩いたところにある坂。江戸時代、坂の西側に紀州藩上屋敷があったことが名前の由来だが、今その跡地は赤坂御用地、迎賓館になっている。

「この坂、肝試しスポットらしいよ」とケンタ。坂には「紀伊国坂」と立て札が。その名前には見覚えがあった。確か、以前読んだ小泉八雲の作品「貉(むじな)」で商人が女ののっぺらぼうに出くわす場所が紀伊国坂。せっかくだし小泉八雲に想いを馳せ、2人で坂を上がってみることに。しばらく歩いたところで、私はちょっと違和感を感じた。いつもよりなぜか歩くのが遅い自分がいる。基本、「早歩き」なのだけど…どうした私。暑さか仕事のストレスか…もしくは霊の仕業か!? などと考えているうちに、気づいた。私、ケンタの歩くスピードに合わせているのだ…まるでデートみたいに。そしてケンタ、こんなに歩くのが遅いわけがない。ひょっとして、女子の歩幅に合わせて歩こうとしている? そんな気づかいのできる人だっけ…? 見直しつつも、少しドキドキしながら隣を見ると…スマホをみながら歩く彼。やっぱりケンタはケンタだ。

 

と、そこで、坂の脇に壕を見つける。確か作品内で、のっぺらぼうの女性は濠のふちで泣いていた。ということは、ここが…? 思わず背筋が寒くなったが、それよりも昔読んだ本の舞台に立っている感動の方が大きかった。怪談本の舞台をたどる肝試し。こんな大人の肝試しもなかなか楽しいものである。すると「最後に連れて行きたいところがあるんだけど」とケンタ。えっ、冷麺からの、かき氷からの、「連れて行きたい場所」って…。私たち、そういう関係じゃないよね? 一体どういうつもり…? (続く)

 

写真・文/るーさん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

のっぺらぼう扮する女性が泣いていたと思われる濠

のっぺらぼう扮する女性が泣いていた(!?)と思われる濠。

紀伊国坂近くにある豊川稲荷東京別院

紀伊国坂近くにある豊川稲荷東京別院。何匹もいるお稲荷さんが異様な雰囲気を醸し出している。

トーキョースポット

紀伊国坂

東京都港区元赤坂一丁目7-22
Google Mapでみる>

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Kyoko Nukui


ページトップへ