LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
赤坂で大人の涼を楽しむの巻 #01 のどごしで涼! 絶品冷麺 | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 07/02 更新

赤坂で大人の涼を楽しむの巻 #01 のどごしで涼! 絶品冷麺 | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

赤坂で大人の涼を楽しむの巻

#01
のどごしで涼! 絶品冷麺
@チョンギワ新館

チョンギワ新館

夏は、冷たくされたいの

赤坂で大人の涼を楽しむの地図

私は仕事人間だ。しかし、そんな私でも、仕事から逃げたいときもある…まさに今日がそれ。このうだるような暑さの中、トラブルが立て続けに発生中…。赤坂での取材仕事を終えた今、もう会社に戻りたくない…。今日はノーリターンにして、遠隔で仕事しようかな…と、そこで思いついたのがずっと気になっていた赤坂の本場さながらの冷麺。よし! 遅めランチに冷た~い冷麺でも食べて、心も体もクールダウンしますか!

 

チョンギワ新館の水冷麺

こんもり盛られた極細麺に、きゅうり・うすくスライスした牛肉・ゆで卵がのっただけのシンプルな水冷麺(1,500円)。牛骨・にんにく・ねぎ・大根・漢方エキスを煮出した透明感のあるスープは、シャリシャリに凍っても脂が浮かない。お好みで酢とマスタードを入れて。

やってきたのは、チョンギワ新館。店に入ると見慣れた顔が…? 大学の同級生で、現在は広告会社勤務、連日合コンをしているとウワサのK氏こと、ケンタ! 「うわぁ~運命感じちゃうなぁ!」赤坂にあるクライアント帰りだというケンタは、浮ついたセリフとともに私の向かいの席にすわってきた。あ、相変わらず軽い…。大学の同級生で共通の友だちも多いが、そのチャラさゆえ、あまり深くは付き合いたくないタイプ。うう、ひとりで一心不乱に麺をすすりたかったが、仕方ない。さっそくやってきた水冷麺を、遠慮がちにすすると…お、おいしい!! 透き通ったスープに浮かびあがる流氷のような氷たち。そんな見た目の涼やかさとは裏腹に、まるで上品なコンソメスープかと思うほどのコクと深み! そして直径0.9㎜の極細麺は、細いのにコシがあって歯触りがよく、なんといってものどごしが最高。これぞ、大人の夏の涼! すっかり麺をすするのに夢中な私だが、ケンタの提案で、彼が頼んでいたビビン麺と一口ずつ交換。う~ん、これまたトウガラシベースのタレが極細麺によく絡んで美味! そして真っ赤な見た目に反して、意外と甘みのある辛さ。これは癖になる…。

 

予想以上に満足してお店を出ると、ケンタがひとこと。「今日、午後代休だから少し付き合ってよ」…ということで半ば強引に、まさかのケンタと赤坂で涼を楽しむことに。真夏の太陽の下、ふたりは次の場所へと向かった。(続く)

 

写真・文/るーさん(ルミネマガジン編集部)

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

チョンギワ新館のビビン麺

甘辛いタデギ(トウガラシベースのタレ)がたっぷりとかかったビビン麺(1,500円)。
水冷麺と同じ極細麺は、さつまいものでんぷんを主体に、そば粉を混ぜているから香りもよく、麺もほどよく噛み切れる。辛いのが苦手な方も、いっしょについてくる牛骨スープで辛さを中和させながら食べてみて。

チョンギワ新館のビビン麺

長~い麺は、店員さんがハサミで食べやすいように切ってくれる。食べる前には、スープやタレと麺、具材をよく混ぜて食べるのがオススメ。本場韓国では長寿を願い、切らずにそのまま食べる人もよくいるのだとか。

トーキョースポット

チョンギワ新館

東京都港区赤坂3-12-7 赤坂ソシアルビル1F
Google Mapでみる>
電話:03-3586-2896
営業時間:月~金11:30~03:00
土12:00~03:00
日・祝12:00~翌0:00
定休日:無休
チョンギワ新館

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 
※価格はすべて本体価格(税抜き)です。
 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Kyoko Nukui


ページトップへ