LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
横浜で外国を探すの巻 ~トーキョートリップ特別編~ #01 明治時代のイタリアへタイムスリップ | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 05/03 更新

横浜で外国を探すの巻 ~トーキョートリップ特別編~ #01 明治時代のイタリアへタイムスリップ | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

横浜で外国を探すの巻 ~トーキョートリップ特別編~

#01
明治時代のイタリアへタイムスリップ
@山手イタリア山庭園

山手イタリア山庭園

めざせ! 日帰りで世界一周

横浜で外国を探すの地図

世間はゴールデンウィーク真っ最中。本当はピーちゃん(フランス人の彼、ピエール)と海外旅行にでも行きたかったけど、予算にはまらず(泣)。そこでふたりで考えました、「日帰りで海外気分を味わう」スペシャルプラン。異国情緒あふれる港町、横浜へ! さらに今回、ピーちゃん特に張り切っております。どうやら、出かけた先で川柳にチャレンジしたいようで…。

 

山手イタリア山庭園のイタリア式庭園

写真を撮る人はもちろん、絵を描く人も多く集まるイタリア式庭園。幾何学模様で中央の水路を取り囲むようにシンメトリックにデザインされているのが特徴。

そんなわけで今日は早起きして、まずJR石川町駅へ。ずんずんと坂を上って到着したのが山手イタリア山庭園。下調べした情報によると、ここは明治時代にイタリア領事館があった場所。そんな歴史から「外交官の家」「ブラフ18番館」と呼ばれる洋館が移築され、あたりはまるで明治時代のヨーロッパのよう。教会を思わせるステンドグラス、西洋の影響を受けた重厚な家具や調度品、たくさんの傷が刻まれている床板や柱…。100年前にタイムスリップした気分でわくわく。

 

この庭園の見ものは、名前の通り「イタリア式」の幾何学的なデザイン。ビシッときれいにスクエアに刈られた低木が巨大迷路みたいで楽しい。おもむろに隠れてみる私。そんな私を追いかけるピーちゃん。こどもに戻ったみたいにぐるぐる走った後に、ピーちゃんが一句。「イタリアの 風が揺らすよ キミの髪」そう言って、乱れた私の髪の毛を優しくなでるピーちゃん…! さすがの私もちょっと照れつつ、なんだか新婚旅行みたい!? 浮かれた気分で手をつなぎ、次の場所へと向かった。(続く)

 

写真・文/ネネたん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

山手イタリア山庭園の「外交官の家」の部屋

「外交官の家」の部屋の家具や装飾には、アール・ヌーボー風の意匠や、アーツ・アンド・クラフツ(19世紀にイギリスで展開された美術工芸の改革運動)の影響も見られる。建物は1910年に渋谷に建てられたものを、ここに移築した。

山手イタリア山庭園の「ブラフ18番館」

「ブラフ18番館」は関東大震災後(1920年代)に外国人住宅として立てられた建物。フランス瓦の屋根や、暖炉の煙突、また東側にはバルコニーとサンルームが広がるなど、外国人住宅の暮らしが再現されている。

トーキョースポット

山手イタリア山庭園

神奈川県横浜市中区山手町16
Google Mapでみる>
電話:045-662-8819
営業時間:9:30~17:00(7・8月は~18:00)
休館日:ブラフ18番館は第2水曜(祝日の場合開館、翌日休)、外交官の家は第4水曜(祝日の場合開館、翌日休)、年末年始
Webサイト:山手イタリア山庭園(横浜市緑の協会)

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Maho Honjo, luminemagazine


ページトップへ