LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
自由が丘で戦略的バレンタインの巻 #06 未来の本命彼へ!? | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 02/06 更新

自由が丘で戦略的バレンタインの巻 #06 未来の本命彼へ!? | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

自由が丘で戦略的バレンタインの巻

#06
未来の本命彼へ!?
@モンブラン

モンブラン

タイプ別攻略法、伝授します

自由が丘のバレンタインスイーツの地図

幼なじみの男子が、数年ぶりに海外赴任を終えて帰ってきた。若くしてビッグプロジェクトに関わった自信からか、ちょっと色気が増した気がする…。そこで私はひらめいた。彼と仲良くなって、彼周辺の男子とバレンタイン合コンさせてもらおう計画! いい男のそばには、いい男がいる。この方程式を実証すべく、準備開始! こんなときはあのお店、自由が丘のモンブランへ♡

 

モンブランのプラリネ

プラリネ20個入り¥7,350、15個入り¥5,550(税込)。パッション、ユズ、パレ・フレーズ、キャラメル・マンダリン、ゴマ、タンザニアの6種が入る。

ここは知る人ぞ知る、昭和8年創業の老舗。毎年バレンタイン時期には限定のチョコレートギフトが出るということで注目していたが、私が狙いを定めたのは「プラリネ」。一粒一粒がお行儀よく箱に鎮座するその姿は、まるでチョコレート界の宝石箱。なかなかお値段もはるけれど、これぞド本命級のチョコレートと言えるだろう。

 

他の商品も見てみると、生チョコテリーヌやら、クルミの塩炒りチョコブラウニーやら、そのネーミングセンスは上質感がありながら、老舗らしいコンサバティブな佇まいもある。もし私が男性だったら、このチョコのような女性と結婚したい。ここは気合いで15個入りのプラリネを3箱予約、合計16,650円なり。なかなかの出費だと思ったあなた。これは未来への投資なのです。さて、今年のバレンタイン。どんな結果になることやら!(続く)

 

写真・文/みーちゃん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

モンブランのチョコブラウニー、マンゴーチョコ、生チョコテリーヌ

上から時計回りに、クルミの塩炒り チョコブラウニー(¥2,400<6本入り>)、マンゴーチョコ(¥1,500)、生チョコテリーヌ(¥1,800)。すべて税込み。

モンブランといえば、しっとりしたカステラと栗の風味を存分に味わえる「モンブラン」が定番。店内ショーケースには数多くのフレッシュケーキが並び、奥にはカフェスペースもある。

トーキョースポット

モンブラン

東京都目黒区自由が丘1-29-3
Google Mapでみる>
電話:03-3723-1181
営業時間:10:00~19:00
定休日:なし
Webサイト:モンブラン

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Maho Honjo, luminemagazine


ページトップへ