LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > トーキョートリップ物語 >
自由が丘で戦略的バレンタインの巻 #01 男気あふれる彼へ♡ | Tokyo Trip

トーキョートリップ物語 01/26 更新

自由が丘で戦略的バレンタインの巻 #01 男気あふれる彼へ♡ | Tokyo Trip

ルミネマガジン編集部がゆく! トーキョートリップ物語 まだ知らない東京を旅する、3人娘の珍道中。

自由が丘で戦略的バレンタインの巻

#01
男気あふれる彼へ♡
@モンサンクレール

モンサンクレール

タイプ別攻略法、伝授します

自由が丘のバレンタインスイーツの地図

あの日が近づいてきた。ドッキドキのバレンタイン…! 何がドキドキって、誰に何をあげるかによって恋愛スキルはもちろん、社会的スキルまで試されてしまう。当日まであと20日弱。味、見た目、値段、本気度etc…考えることが山積みなのでちゃちゃっと動き出すべく、スイーツの街、自由が丘へゴー!

 

モンサンクレールの店内

自由が丘をスイーツの街にした立役者的存在、モンサンクレール。駅から歩いて10分ほど。店鋪奥にはカフェスペースもあり、店頭にあるスイーツをいただくこともできる。

下見第一弾は、自由が丘スイーツの立役者的存在、モンサンクレール。なんとここには常に150種類を超えるアイテムがそろう。旬のフルーツやクリームで飾られた色鮮やかなスイーツたちは、全部お部屋に並べて飾りたいくらいかわいくてキュンキュン! 数あるアイテムのなかから私が目をつけたのは、このお店の定番として外せないプチガトー(ひとり用ケーキ)。「名店」「名品」という男のプライドをくすぐる響き。そしてひとつひとつのクオリティの高さ。このセレクトは本気度高めに見えるけど、私が想定する相手は会社のおじさま部長軍団。なぜ部長たちにって? こういうイベント時こそ、いつもお世話になっている方々に感謝の気持ちを伝えるチャンスですから!男気あふれるビッグなお返しを期待しているんじゃないかって?いえいえ、これは私のピュアな気持ち♡

 

当日また来ることを心に決め、ニヤリとしながらお店を出た。待っててネ、男気あふれる部長たち♡(続く)

 

写真・文/みーちゃん

登場人物相関図&プロフィールはこちら!

 

モンサンクレールのケーキ

この店で人気のプチガトーたち。左奥から右回りに、濃厚なチョコレートガナッシュと木いちごの組み合わせ「リヤンエレガン」(¥515)、ショコラのムースとコクのあるキャラメルサレのガナッシュを組み合わせた「オネット」(¥515)、チョコレートタルトに季節のフルーツを飾った「ショコラプランス」(¥515)、ホワイトチョコレートと木いちごが好相性の「セラヴィ」(¥580)は仏菓子コンクール優勝作品。

モンサンクレールの「ボンボンショコラ6」

「ボンボンショコラ6」(¥2,100)もバレンタインにおすすめの一品。この時期は、ブラジル、パッション、バニーユ、マラカイボ、抹茶、キャラメルサレの人気のラインナップがオリジナルギフトボックスにセットになる。(以上すべて税込み)

トーキョースポット

モンサンクレール

東京都目黒区自由が丘2-22-4
Google Mapでみる>
電話:03-3718-5200
営業時間:11:00~19:00
サロンは~17:30(ラストオーダー)
定休日:水曜(不定休あり)
Webサイト:モンサンクレール

ルミネマガジン編集部

るーさん/企画(32)
おひとり様歴更新中。仕事ひと筋32年。男勝りのバリキャリ系。優しくされると弱い。
るーさん
みーちゃん/経理(27)
24時間恋愛中。恋も仕事も遊びも、計算高い。が、恋が長続きしないのはなぜか。
みーちゃん
ネネたん/アルバイト(22)
彼氏はフランス人。夢を追いかけ貯金中。口癖はやらぬ後悔よりやって反省。
ネネたん

登場人物についてもっと詳しく見る!

 

illustration/Mai Takewaki
photos&text/Maho Honjo, luminemagazine


ページトップへ