LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > ルミネ広告の舞台裏 >
2012年冬の広告撮影メイキング1 ~Not yet~ | Ad Making

ルミネ広告の舞台裏 10/18 更新

2012年冬の広告撮影メイキング1 ~Not yet~ | Ad Making

建築家ガルニエによる歴史的建造物で
「特別な女」になる

 

しっとりと秋が深まり、ルミネの提案する東京ファッションも冬の装いとなってきました。モデルのCHIHARUは、ビスチェの上にファーのコート。華やかな雰囲気に包まれています。初冬のファッションテーマは「Not yet」。日本語に直訳すると「まだだめよ」。はて? と思われても無理はありません。「まだ好きなようにはさせないわよ」、「恋の主導権はわたしにあるのよ」というちょっと強気で官能的な女性の言葉がテーマになっているようです。うーん。なかなか言えないセリフですよね……。

 


撮影場所は、天井にフレスコ画がある重厚な建物で。光があまり入らない部屋でしたが、ライティングでとても素敵な雰囲気を引き出すことができました。

 

自分の意思を持ったセクシーな女性というテーマに沿って、CHIHARUさんには大人っぽいメイクと表情をリクエスト。スタッフから「キレイ」「セクシー」という言葉がかかって、照れた表情を見せる一幕もありました。

 

 

撮影場所に選んだのは、パリ1区にあるホテルのサロン。チュイルリー公園とヴァンドーム広場の間にある、まさにパリの中心地。1878年に建てられたこの歴史的建造物は、オペラ座の設計でも有名なガルニエによって手がけられました。撮影スタッフがサロンに入ると、思わず息を飲むような豪華絢爛な装飾。カメラマンの蜷川実花さんも「これはすごい」とつぶやいていました。壁から天井まで重厚な彫刻がほどこされ、仄暗い中にシャンデリアが輝きます。

 

白でまとめたドレッシーな装いと、ナチュラルでありながらシックなメークは相性がいい。肩に力を入れすぎず、とっておきの服を着こなせたら素敵です。女性らしさを感じさせるファッションは、人も街も華やかにしてくれる。美しくなって、自信をつけて、まわりの人にやさしくなれたら、魅力あふれる女性だなーと思います。(コピーライター/尾形真理子)

 


尾形 真理子/Mariko Ogata
博報堂 クリエイティブデザインセンター コピーライター 制作ディレクター
おもな仕事に、LUMINE、資生堂、東京海上日動あんしん生命、日産自動車、Tiffany& Co.など。東京コピーライターズクラブ会員。朝日広告賞グランプリ他受賞多数。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』で、小説デビュー。


ページトップへ