LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > ルミネ ザ カルチェラ CREATOR’S FILE >
3/27(金)~28(土)ルミネ ザ カルチェラ マーケットvol.2開催!

ルミネ ザ カルチェラ CREATOR’S FILE 03/18 更新

3/27(金)~28(土)ルミネ ザ カルチェラ マーケットvol.2開催!

昨年10月に初開催された、バイヤー向けの展示会エキシビションと一般のお客さま向けのマーケット。「未来のマーケット」として実施したルミネ初の試みは、デザイナーの人柄やブランドの背景を伝えることができるとあって、大盛況のうちに終了(前回の記事はこちら)。その第2弾が、2015年3月27日(金)~28日(土)に開催されます!

 



2014年秋のルミネ ザ カルチェラ マーケットより

 

今回のマーケットの注目企画は、「オトアー」「タージュ」「ウェイ」の3ブランドが合同で開催する「The Garage(ザ ガレージ)」。各ブランドの新作やアーカイブだけでなく、特別にセレクトした古着などの私物も並びます。3ブランド合同で開催することになった経緯や見どころを、伺いました。

 
 

同じアトリエでアシスタントを経験した3人が
自身のセレクトでロンドンらしさを表現

 


THE Garage はロンドンのガレージをイメージしたつくりになる予定。

 

「僕たち3人は時期は重なっていませんが、渡英していたときに同じロンドンのデザイナーのアトリエで、アシスタントをしていたという共通点があります。タージュの高田祐子さんは学校の同級生なので渡英前から知っていましたが、ウェイの中神一栄さんとは帰国後、歴代のアシスタントが集まる会で知り合いました。
それぞれブランドを設立し、あるとき中神さんが、タージュとウェイとオトアーをミックスしたコーディネートは“テイストは違うのに、なぜか合う!”という発見をして。そこから3人で何か表現できるんじゃないか、と話しているうちにイメージが自然に湧き出てきたのです」(オトアー/青砥さん)

 

タイミングよくルミネ ザ カルチェラ エキシビション&マーケットへの出店が決まり、どんな空間で何を販売するのか、アイディアを出し合った。

 

「共通点がロンドンなので、テーマはすぐに決まりました。空間作りに関しても、それぞれのスタンスを保ちながら交わったイメージを表現したいという理由で、混沌としたガレージをテーマにしました。ロンドンという街は、新しいものと古いものが混在しています。だから、それぞれのブランドの新作やアーカイブだけでなく、今回のためだけに特別に古着や私物なども出したら、過去と現在が交錯した表現ができると思い、古着やアンティーク雑貨も出品することにしたのです。感性でセレクトした古着は、感性で作っている自身のブランドの洋服にリンクしているところがあるので、そこも含めて楽しんでもらいえたら」(オトアー/青砥さん)

 
 

テイストは違っても相性は抜群!
三人三様のロンドンにまつわる雑貨・ファッションが大集結

 


「ボタンが好きでイギリスでもアンティークのボタンを買い集めていました。オトアーの洋服作りに、何らかの影響を与えているものだったりするので、本当は手放したくないのですが今回特別に出品(笑)。60年代といえばロンドンなので、この年代のアイテムも出品する予定です」(オトアー/青砥さん)

 

「老舗トラッドブランドがあれば、パンクファッションもある。ロンドンのこういうところが、エキサイティングで好きなんです。ラインの美しさにこだわっているウェイ、自分の中にあるカッコイイ女性像を引き出してくれるタージュ、生活の中に自然に溶け込みながらも、身につけるとお出かけしたくなるオトアー。ザ ガレージを主催した3ブランドも、ロンドンのようにテイストはそれぞれ違いますが、不思議と相性がいいので、楽しんでいただけると思います。ウェイは今シーズンからスタートしたアイウエアや、今すぐ着られるライテムを中心にラインナップします」(ウェイ/中神さん)

 

「私のロンドン生活のキーワードは、“ミュージアム、マーケット、パブ”です。お金がないのに、お気に入りのパブには頻繁に通っていました。パブにあるコースターはあまり注目されませんが、キメの粗いボール紙に印刷された、なんとも味のある色味がとても好きで。配色使いや幾何学的なパターンを得意としているタージュの要素も感じられるので、ロンドンのマーケットで見つけたコースターの中でも、とくに気に入っているものを今回出品します。英国製ハリスツイードのハットやシルバーレースのアクセサリー、ひとくせある珍しいボタン、アート・ファッションミュージアムで購入したカードもセレクト中。タージュの過去のアーカイブから、オリジナルのプリントアイテムなども出品しますので、ぜひ遊びに来てください!」(タージュ/高田さん)

 

そのほかの注目企画

 

0shop(ゼロ)
有名アーティストとのコラボレーションアイテムなどを中心に、Webで販売を行っている「0shop(ゼロショップ)」がリアル店舗として登場。コラボ・限定アイテムの販売やサンプルセールを実施。


1minutes Self Portrait?(ワン ミニッツ セルフ ポートレート)
証明写真のようにお金を入れて、待つこと1分。イラストレーターRicco.による、ペン画の似顔絵が飛びまします。


ピリカタント書店
イベント出店やケータリングなどで「おいしい、うれしい、たのしい」を見つける旅をしているピリカタント書店。生きるための知慧が詰まった本から、手吹の再生ガラス、民族衣装の古布を刺子したリサイクルバッグなど、古くて新しいものから広がる物語を展開。


◆DATA◆

 

ルミネ ザ カルチェラ エキシビション アンド マーケット

エキシビション(業界関係者向け)
3月24日(火)~26日(木)10時~19時
マーケット(一般のお客さま向け)
3月27日(金)16時~21時、3月28日(土)11時~20時
上で紹介したスペシャル企画のほか、アパレル、アクセサリー、ジュエリーなど23ブランドが出店予定。

 

会場/未来研サロンWORK WORK SHOP
東京都港区北青山2-3-1 CIプラザ2F
tel: 03-3497-3000

 
 

ルミネ ザ カルチェラ マーケット レポートはこちら>>

text/Junko Yamazaki


ページトップへ