LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > ルミネ広告の舞台裏 >
2015年春広告メイキング ~恋は奇跡。愛は意思。 | Ad Making

ルミネ広告の舞台裏 02/02 更新

2015年春広告メイキング ~恋は奇跡。愛は意思。 | Ad Making

2015年春広告メイキング
恋は奇跡。愛は意思。

 

蜷川実花さんが撮るこのシリーズも10年目の春を迎えました。春が来るたびに、新しい気持ちで作り続けています。今春は小松菜奈さんをモデルで迎えました。初々しさの中に多彩な表情を見せてくれます。

 

 

撮影は手作り感あふれるおなじみのチームで。仕上がったポスターからはちょっと想像つかないようなアナログ具合ですが、美術の森井耕作さんは、春風にやわらかく舞う花びらを完璧に飛ばしてくれました。スタイリストには飯嶋久美子さん、メイクはCOCOさん。光や陰が繊細に映し出されるようなバックボードを前に、一足早い春の息吹を感じてもらえたら。

 

 

春は出会いの季節でもあります。奇跡と思える出会いを、わたしたちは恋と呼ぶのかも知れません。そしてその関係を育てていくのには意思が必要。偶然の出会いの中にも、確かな自分の意思をもって前に進む。そんなことを考えてコピーを書いています。(コピーライター/尾形真理子)

 

 

尾形 真理子/Mariko Ogata

博報堂 クリエイティブデザインセンター コピーライター 制作ディレクター
おもな仕事に、LUMINE、資生堂、東京海上日動あんしん生命、日産自動車、Tiffany& Co.など。東京コピーライターズクラブ会員。朝日広告賞グランプリ他受賞多数。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』で、小説デビュー。


ページトップへ