LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > ルミネ ザ カルチェラ CREATOR’S FILE >
ルミネ ザ カルチェラ エキシビション&マーケットを青山で開催!

ルミネ ザ カルチェラ CREATOR’S FILE 10/03 更新

ルミネ ザ カルチェラ エキシビション&マーケットを青山で開催!

新進気鋭のデザイナーを月替わりで紹介している「ルミネ ザ カルチェラ」。10月はルミネ新宿の常設店舗のほか、エキシビション&マーケットを開催。デザイナーとバイヤー、デザイナーとお客さま、さらにはデザイナーとデザイナー…。人と人をつなげる“コンシェルジュ”となってイベントを盛り上げる、ふたりの仕掛け人に見どころを直撃!

進化した「ルミネ ザ カルチェラ」で
ファッションの魅力を再発見して欲しい!
(プランナー/盛井康祐、ルミネ 業態マネジメント部 ディレクター/岸 有恵)


左:盛井康祐/KOSUKE MORII
プランナー。アパレルなどのブランド・空間ディレクション、展示会やイベントのプロデュースを行う「brucca」主宰。
右:岸 有恵/SUMIE KISHI
ルミネ 業態マネジメント部 ディレクター。新宿店と有楽町店の新規店舗開拓を手掛ける。ルミネ ザ カルチェラは6年前から担当。
写真はエキシビション&マーケットが開催される「未来研サロンWORK WORK SHOP」にて。

 

盛井「撮影用のインテリアを扱う会社と組み、ブランドの世界観やシーズンテーマに合った空間をアンティーク家具などで作り、商品をディスプレイする。ブランドの世界観を伝えることにもっと注力すべきだと思い、はじめたのが合同展示会“machi”です」

岸「企業が新しい試みを行う場所、未来研サロンWORK WORK SHOPで、ルミネ ザ カルチェラのイベントを10月に開催することが決まったとき、真っ先に“machi”が頭に浮かびました。ルミネ ザ カルチェラはお陰さまで広く知られるようになりましたが、紹介するブランドのPRをさらに強化することが課題でした。それで、ブランドの世界観をしっかり見せる“machi”に魅力を感じ、盛井さんにディレクションをお願いしました」

 

盛井「ブランドの世界観を伝えるためには、“コンシェルジュ”の存在も重要だと思っています。というのも、何かを発信したいと思っていても、自分たちの想いをどう表現したらいいのかわからないブランドやクリエーターも多い。そこで、主催者がコンシェルジュとなり、ブランドとバイヤーだけでなく、ブランドとブランド、ブランドとお客さまをつなげていくというわけです。

 

マーケットの目玉は、何といっても普段なかなか出会えないデザイナーと触れ合えること。デザイナーとお客さまが会話することで、デザイナーを身近に感じる。そうすると、洋服にももっと愛着がわくと思うんです。商品の奥にあるブランドの背景も伝えていけるような、温かみのある2日間にしたいですね」

岸「展示会はバイヤーが新しいブランドを発掘する場ですが、お客さまとブランドをつなぐイベントがなければルミネが開催する意味がない! ということで、一般のお客さまのためのマーケットも2日間開催することにしました。

 

アンティーク家具を使った空間演出と、私たちコンシェルジュによるサポートで、ブランドの世界観をしっかり伝える。新しいファッションカルチャーを作っていくというルミネ ザ カルチェラのコンセプトにもマッチしているし、何よりその場にいる全員が楽しめる! 私たちも今からワクワクしています。出店ブランドのデザイナーさんたちに、アイルミネで先行予約できるアイテムを作ってもらったので、こちらもチェックしてみてください!」

 
 

◆DATA◆

 

ルミネ ザ カルチェラ エキシビション アンド マーケット

エキシビション(業界関係者向け)
10月21日(火)~23日(木)10時~19時
マーケット(一般のお客さま向け)
10月24日(金)16時~21時、10月25日(土)11時~20時

 

出店ブランド数/25ブランド(アパレル、アクセサリー、ジュエリー、靴、バッグ、インテリアなど)
会場/未来研サロンWORK WORK SHOP
東京都港区北青山2-3-1 CIプラザ2F
tel: 03-3497-3000

アイルミネ先行予約はこちら>

photos/Ryoko Maruyama, text/Junko Yamazaki


ページトップへ