LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > ルミネ広告の舞台裏 >
2012年秋の広告撮影メイキング2 ~Country Gentle Lady~ | Ad Making

ルミネ広告の舞台裏 09/18 更新

2012年秋の広告撮影メイキング2 ~Country Gentle Lady~ | Ad Making

都会で楽しむ、山気分
アントワープでのロケ

 

秋の空は移ろいやすく、ドラマチックな模様を空に描きます。厳しかった残暑もようやく落ち着き、やっと秋服を楽しめる気温になってきました。アウトドアやスポーツに最適なシーズン、ファッションの世界では、一足先に秋が深まっています。今回のトレンドテーマは、「カントリージェントルレディ」。都会で楽しむ、山気分というところでしょうか。

 


ベルギー・アントワープは、真夏(7月下旬)にも関わらず15℃程の肌寒い気温。予期せぬ寒さに、スタッフ一同寒さに耐えながらの撮影となりましたが、秋のコーディネートに身を包むCHIHARUさんにとっては、ちょうどいい涼しさ。

 

ロケ地に選んだのは、ベルギーの港町、アントワープ。優れたデザイナーを毎年輩出し、新たなモードを生みだすファッションの街でもあります。そして2012年秋冬のテーマ、「バロック」の街。石畳と重厚な建物が美しいです。だけど運河沿いの撮影場所は、真夏というのにコートが欲しくなる寒さ。晩秋の撮影には調度良いのですが、凍える雨の中、何度もシャッターチャンスを狙いながらの天気待ち……。

 

雲の合間から光が差した時を狙って、撮影開始。CHIHARUが両手を広げるとケープが羽根のように揺れます。都会の中で、自然を感じる。そんなスタイリングにぴったりのシチュエーションでした。白い雲に、赤いリップもよく映えます。
 


突然の雨で避難したり、なかなか厚い雲が晴れずに数時間中断を余儀なくされたり、ヨーロッパ特有の変わりやすい天候に振り回されましたが、そんな中の数分だけの絶好の瞬間に撮影。

 

好きな洋服を着るというのは、とても自由な行為です。そして自分をさらけ出すことでもあります。ゴシックの街をバックに、堂々と服を着こなす女の子。その姿は、裸よりも、自分の内面を露出しているようにも思えました。それが、今回のコピーになっています。

 

余談になりますが、アントワープの街の中心にある聖母大聖堂には、日本人の誰もが知っている少年と犬が眠っています。あの有名な『フランダースの犬』に出てくるネロとパトラッシュ。ロケの合間にスタッフみんなで行って「あれ、どんな話だっけ?」「それ、ハチ公じゃない?」と、それぞれが昔読んだ絵本を思い出しながら盛り上がりました。(コピーライター/尾形真理子)

 


尾形 真理子/Mariko Ogata
博報堂 クリエイティブデザインセンター コピーライター 制作ディレクター
おもな仕事に、LUMINE、資生堂、東京海上日動あんしん生命、日産自動車、Tiffany& Co.など。東京コピーライターズクラブ会員。朝日広告賞グランプリ他受賞多数。『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』で、小説デビュー。


ページトップへ