LUMINE MAGAZINE 毎日役立つ!私のためのおしゃれ速報

TOPページ > ルミネ ザ カルチェラ CREATOR’S FILE >
8月は「リイナ」「パタリー」が登場(ルミネ新宿)

ルミネ ザ カルチェラ CREATOR’S FILE 08/18 更新

8月は「リイナ」「パタリー」が登場(ルミネ新宿)

新進デザイナーを月替わりで紹介している「ルミネ ザ カルチェラ」。8月は、女性デザイナーによる2ブランド「リイナ」「パタリー」が登場。

ハンドメイドだけど子どもっぽくない!
大人が楽しめるデザインにこだわって
(patterie<パタリー>鈴 切り絵)


鈴 切り絵/SUZUKIRIE
イギリスでテキスタイルを学び、2011年より刺しゅう作家として活動をスタートさせる。刺しゅうで絵を描くステッチドローイングの手法でアートワークやプロダクトを制作。2013年より刺しゅうデザインブランド「パタリー」を本格的始動させる。

 

「テキスタイルデザインを学ぶためにイギリスに留学しました。中でもプリントに興味があったのですが、織りや刺しゅう、シルクスクリーンなどそれぞれの講義で作ったサンプルを学科長に見せたところ、刺しゅうが向いていると言われて。それなら伸ばしてみようと思ったのが、刺しゅうの道に進むきっかけです」と切り絵さん。

 

刺しゅうデザインブランドの活動に力を入れるようになったのも、お世話になっている人からのひと声だった。

 

「個展でお世話になったギャラリーの方から、アクセサリー展に出展しないかと声をかけていただいたのがきっかけです。ステッチドローイングがメインでしたがアクセサリーも作っていたので、最初は刺しゅうの技法の中で面白いと思ったものから展開してみようという軽い気持ちでした。でも、素材や組み合わせを探っていくうちに、刺しゅうってアクセサリーにしてもこんなに多くのことができるんだ!という、発見の連続で」

 

刺しゅうの魅力を再発見しながらも、ハンドメイドのクラフト感を前面に押し出したものは苦手という切り絵さん。

 

「手仕事ならではの温かみは好きですが、子どもっぽくなるのは苦手。だから、ビーズやカットグラスなどの素材との組み合わせ、色の組み合わせ、グラフィカルなデザインなど、自分がキレイ、カッコイイと思うものを追求し、手仕事の温かみは自然に出るくらいのバランスで作っています」

 


刺しゅう糸の素材感を生かすために、ストロークを長めにしたものが多い。「ふわっとした優しい雰囲気を引き締めるため、光の入るビーズを組み合わせました」。刺しゅうの魅力を楽しめる人気シリーズは、モヘア糸を使ったものが新作。三角ピアス¥4,200、モヘア糸を使ったものは¥5,000(パタリー) ※イヤリングもあり。

 


星とダイヤの両モチーフは、オーガンジー素材に刺しゅうを施している。「貴金属のアクセサリーは中央部分が空洞になっているものがほとんどですが、このふたつのシリーズは、オーガンジー素材ならではの透け感を楽しめます」
左/フックタイプのピアス¥3,800、星モチーフの片耳ピアス¥3,600、ネックレス¥8,500
右/ダイヤモチーフのピアス各¥3,100(すべてパタリー)

 

パタリーはファッションブランド同様に、年2回新作を発表している。

 

「飽きのこないシンプルなデザインを心がけているので、新作だけでなく定番シリーズも増やしていきたいと思っています。上記写真の三角形やダイヤモチーフのように、カラーバリエーションを豊富にできるのも刺しゅうならでは。

 

お客さまから“こんなおしゃれに作れるんだ!”と言ってもらえると、ものすごくうれしいですね。イギリス留学時に刺しゅうで表現できることの多さに感動し、作る楽しさを知ったあの時の気持ちを忘れずに、身につけるとハッピーになるそんなアイテムを作っていきたいですね!」

 
 

※表示価格はすべて消費税抜きの本体価格です。

 

photos/Ryoko Maruyama, text/Junko Yamazaki


ページトップへ